NFTアートの作り方

超初心者向け【OpenSea】でNFTアートを販売する方法|クリプトアートをつくろう

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページではOpenSeaでNFTアートを販売する方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
それではやっていこう!

ウォレットや暗号資産をまだ持っていない方はさきにこちらのページを済ませてから読み進めてください。

Polygon(ポリゴン)をつかってOpenSeaでNFTアートを販売したい方はさきにこちらのページをどうぞ。

STEP1.OpenSeaのトップページへいこう

まずはOpenSeaのトップページへいきます。

画面右上にある人形アイコンをクリック。

MetaMask(メタマスク)と接続するために『Sign In』ボタンをクリック。

メタマスクがひらいたら、きつねマークの右側の文字列を確認していきます。

『イーサリアムブロックチェーン』をつかってNFTアートを販売したい方は、きつねマークの右側の文字列が『イーサリアムメインネット』になっていることを確認してください。

『ポリゴン』をつかってNFTアートを販売したい方は、文字列の右側にある下矢印をクリックして『Matic mainnet』に変更しておきましょう。

確認できたらパスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

STEP2.OpenSeaにコレクションをつくろう

メタマスクと接続できたら自分のアイコンにカーソルをもっていき、表示されるメニューのなかから『My Collections』を選択します。

メタマスクから署名をもとめられるので『署名』ボタンをクリック。

OpenSeaでNFTを作る方法②|おもちの美学

My Collectionsがひらいたら『Create』ボタンをクリック。

STEP3.コレクション情報を入力しよう

コレクション情報を入力していきます。

まずは画像から。

  • Logo image:コレクションをあらわすロゴ
  • Featured image:コレクションをあらわすアイキャッチ(オープンシーの紹介ページなどでつかわれます)
  • Banner image:コレクションをあらわすヘッダー

コレクションのブランディングのためにも、きちんとつくり込んでいきましょう。

つづいてコレクションの概要を入力していきます。

  • Name:コレクションの名前
  • URL:コレクションのURL
  • Description:コレクションの紹介文

すでにあるコレクションの名前とURLはつかうことができません。

コレクションの名前とURLは、できるだけおなじ文字列にしましょう。

おもち
おもち
コレクションの名前もURLも早い者勝ちだね!

コレクションの紹介文ではしっかりコンセプトをつたえましょう。

OpenSeaランキング上位コレクションのコンセプトをまとめた記事もありますのでよかったら参考にしてください。

カテゴリーを選びます。

作品が芸術よりな方は『Art』、似たような画像を何枚も販売する場合は『Collectibles』がよいのかと。

おもち
おもち
自分の作品にあった方にしてみてね!

自分をアピールできる媒体がある方は、それぞれのURLを入力していきます。

ここは必ずチェックされるところなので媒体の方のつくり込みもきちんとしておきましょう。

おもち
おもち
力をいれていない媒体なら記載しない方がイイかもです!

オープンシーでは自分の作品が転売されるときに、その料金の一部をロイヤリティとして受けとることができます。

この設定をしておかないと転売時にお金をもらえないので必ず設定しておきましょう!

『Percentage fee』に売り上げの何パーセントを受けとるか、ロイヤリティのパーセンテージを入力していきます。

おもち
おもち
高すぎるとイヤがられることもあるよ!

つづいて『Your payout wallet address』にメタマスクのアドレスを入力していきます。

メタマスクをひらきましょう。

『イーサリアムブロックチェーン』をつかって販売したい方は、きつねマークの右側の文字列が『イーサリアムメインネット』になっていることを確認してください。

確認できたらそのすぐ下にあるアドレスをコピーするマークをクリック。

『Your payout wallet address』にコピペします。

『ポリゴン』をつかって販売したい方は、きつねマークの右側の文字列が『Matic mainnet』になっていることを確認。

確認できたらそのすぐ下にあるアドレスをコピーするマークをクリックして『Your payout wallet address』にコピペします。

次はつかうブロックチェーンを選択していきます。

『イーサリアムブロックチェーン』をつかって販売したい方は『Blockchain』で『Ethereum』を選択。

どの暗号資産で売買するのかきめていきます。

おもち
おもち
こだわりがなければ『ETH』『WETH』でOK!

『ポリゴン』をつかって販売したい方は『Blockchain』で『Polygon』を選択。

どの暗号資産で売買するのかきめていきます。

おもち
おもち
こだわりがなければ『ETH』でOK!

さいごに作品の表示方法を選択します。

『Explicit & sensitive content』は作品が過激な方のみ設定をONにしてください。

おもち
おもち
ふつうの作品の場合はいじらなくてOK!

入力がおわったら『Create』ボタンをクリック。

OpenSeaでNFTを作る方法⑳|おもちの美学

メタマスクから署名をもとめられた場合は『署名』ボタンをクリック。

これでコレクションぺージをつくることができました。

おもち
おもち
さっそく作品をNFTアートとして出品していこう!

STEP4.NFTアートにしたい作品をアップしよう

画面右上にある『Create』をクリック。

作品の情報を入力していきます。

  • Image, Video, Audio, or 3D Model:作品をアップロード
  • Name:作品の名前
  • External Link:作品についてくわしく紹介しているウェブページがある場合はURLを入力
  • Description:作品の説明

おもち
おもち
作品の世界観をていねいに伝えよう!

次はどのコレクションで販売したいか選択していきます。

『Select collection』の右側にある下矢印をクリックして、さきほどつくったコレクションを選択してください。

つづいてこちら。

ここでは作品の特徴を詳細に設定することができます。

  • Properties:グループ分けできる
  • Levels:ステータスがきめられる
  • Stats:統計情報が設定できる
  • Unlockable Content:ロック解除を可能にするかどうか
  • Explicit &Sensitive Content:刺激的な作品かどうか

よくつかわれる『Properties』と『Levels』について解説していきます。

『Stats』『Unlockable Content』『Explicit &Sensitive Content』については初期設定のままでよいかと。

おもち
おもち
必要な方のみ設定してください!

まず『Properties』ではこんな感じで作品のグループ分けをすることができます。

背景の色、体の色、目の色、アクセサリーなど、内容は自由です。

おもち
おもち
似たような作品が多数あるコレクションにつかえるよ!

これを設定しておくと作品のフィルタリングができるようになるため、購入者が作品を選ぶときに役立ちます。

たとえば目の色でグループ分けをしておけば、購入者が『青い目の作品がほしい』と思ったときワンクリックで青い目の作品のみ表示されるようになるので作品を探してもらいやすくなります。

設定したい方は『Properties』の右側にある『+』をクリック。

『Type』と『Name』を自由に入力していきます。

おもち
おもち
『Type』の項目は全作品に同じものを入力しよう!

『Type』の項目が作品によって異なると、うまくフィルタリングされないので注意です!

項目を追加したいときは『Add more』ボタンをクリックしてください。

すべて入力できたら『Save』ボタンをクリック。

おもち
おもち
つづいては『Levels』についての解説です!

『Levels』ではこんな感じで作品のステータスを設定することができます。

力、生命力、知力など、内容は自由です。

作品がゲームのキャラクターとしてつかわれる場合に、あらかじめ戦闘能力を設定しておけるとイメージしてもらえればよいかと。

おもち
おもち
自分の作品に関係ない場合は設定しなくてOK!

設定したい方は『Levels』の右側にある『+』をクリック。

『Name』と『Value』を自由に入力していきます。

項目を追加したいときは『Add more』ボタンをクリックしてください。

すべて入力できたら『Save』ボタンをクリック。

おもち
おもち
これで詳細設定はOK!

つづいては売買につかうブロックチェーンを選択していきます。

  • Supply:限定販売枚数
  • Blockchain:売買につかうブロックチェーンを選択
  • Freeze metadata:データ凍結の有無

『イーサリアムブロックチェーン』をつかって販売したい方は『Ethereum』を、『ポリゴン』をつかって販売したい方は『Polygon』を選択してください。

『Freeze metadata』については、設定しない場合はOpenSeaのサーバーに画像がアップされ、設定する場合は分散型のサーバーに画像がアップされます。

仮にOpenSeaがつぶれた場合、 OpenSeaのサーバーにアップされている画像データは消えてなくなります。

『永久的に作品をのこしたい!』という方は『Freeze metadata』を設定しておきましょう。ただし、ガス代がかかります!

Freeze metadataを設定すると永久的に編集や削除ができなくなるので要注意です!

おもち
おもち
お金もかかるのでコレクションの成長具合をみながら判断するのがよいかと!

すべて入力できたら『Create』ボタンをクリック。

これで作品がアップできました。

右上にある『×』ボタンをクリックします。

STEP5.NFTアートに値段をつけよう

つづいて作品に値段をつけていきましょう。

画面右上にある『売る』ボタンをクリック。

Typeは『Fiexed Price』を選択して値段を入力していきます。

おもち
おもち
オークションで売りたいときは『Timed Auction』を選択してね!

オークションで販売する方法についてはこちらのページをご覧ください。

入力できたら『Complete listing』ボタンをクリック。

もし『Unlock』ボタンが表示された場合は『Unlock』ボタンをクリック。

署名を求められるので内容を確認して『署名』ボタンをクリック。

つづけて『Sign』ボタンをクリック。

STEP6.NFTを発行してもらおう

OpenSeaでNFTを作る方法⑰|おもちの美学

NFTアートを販売するためには、はじめにOpenSeaのアカウントを初期化する必要があります。

アカウントを初期化するためにはお金(ガス代)が必要で、このお金をはらうことでサービスが利用できるようになります。

おもち
おもち
作品を販売できるようになるってことだよ!

OpenSeaでNFTを作る方法⑱|おもちの美学

MetaMask(メタマスク)で必要なガス代が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

ガス代はどんどんあがってきているので結構なお金がかかってしまいますが、ガス代を払うのは最初のこの1回だけです。

おもち
おもち
わたしは必要経費だと思うようにしたよ!

OpenSeaでNFTを作る方法⑲|おもちの美学

つづけて『トークンを追加』ボタンをクリック。

30~60分ほどで処理が完了します!

はやめに処理してほしい場合はガス代を上乗せして払うとはやく処理してくれます。ただお金がかかってしまうので急いでいない方はゆっくりのんびり待つのがよいかと。

おもち
おもち
気がついたらおわってました!

処理が完了したらNFTアートのできあがりです!

おもち
おもち
ここからがスタート!あなたのコレクションがうまくいきますように!

【NFTアートの作り方】まとめページはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です