NFTお役立ち情報

MetaMaskを新たにインストールして複数のウォレットを作成する方法|NFTハッキング対策

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページではMetaMaskを新たにインストールして複数のウォレットを作成する方法についてわかりやすく解説していきます。

ご紹介する方法は、1つのウォレットのなかに複数のアカウントをつくる方法とはちがいます!

おもち
おもち
これは根本的なハッキング対策にはならないよ!

ハッキング被害で大損しないためにも、いまつかっているウォレットとはちがう別のウォレットを作成していきましょう。

STEP1.Googleアカウントからログアウトしよう

まずはいまつかっているGoogleアカウントからログアウトして、新しくGoogleアカウントを作成していきます。

画面右上にあるアイコンをクリックして『ログアウト』ボタンをクリック。

STEP2.新しくGoogleアカウントを作成しよう

『Continue』をクリック。

画面右上に表示される『一時停止中』をクリック。

『別のアカウントを使用』をクリック。

『アカウントを作成』をクリック。

『ビジネスの管理用』を選択。

STEP3.必要情報を入力しよう

必要情報を入力して『次へ』ボタンをクリック。

おなじく必要情報を入力して『次へ』ボタンをクリック。

プライバシーポリシーと利用規約にざっと目をとおします。

『同意する』ボタンをクリック。

STEP4.プロフィールごとに色を変更しよう

プロフィールを切り替えたときにわかりやすいよう、色を変更しておきましょう。

『OK』ボタンをクリック。

お好きな色を選択。

色が変更できたら『完了』ボタンをクリック。

画面右上に『エラー』が表示される場合は『エラー』をクリック。

『Chromeから削除』ボタンをクリック。

画面に表示されているこちらは『続行』ボタンをクリック。

STEP5.新しくMetaMaskをChromeにインストールしよう

Google検索にメタマスクのURLを入力します。

おもち
おもち
『MetaMask』や『メタマスク』で検索すると偽サイトがでてくるので注意です!

URLを一字ずつきちんと確認してから『MetaMask』をひらきましょう。

メタマスクをChromeにインストールしてウォレットを作成する方法についてはこちらのページでくわしく解説しています。

おもち
おもち
ウォレットが作成できたらこのページにもどってきてね!

参考までに:OpenSeaで運営中のコレクションに新しく作成したウォレットを追加しておこう

OpenSeaのコレクションでは共同運営者を設定できます。ハッキング対策として新しく作成したばかりのウォレットを追加しておきましょう。

OpenSeaのコレクションページをひらき、画面右上にある『Edit』ボタンをクリック。

下の方にあるCollaboratorsのところで『Add collaborator』ボタンをクリック。

新しく作成したばかりのウォレットアドレスを入力していきます。

ウォレットアドレスは、メタマスクの名前のしたにカーソルをもっていき、クリックするとコピーできます。

新しいウォレットアドレスが入力できたら『Submit』ボタンをクリック。

これで共同運営者としてサブのウォレットを追加することができました。

『Submit Changes』ボタンをクリック。

コレクション情報がアップデートされました。

おもち
おもち
これでひとまず安心だね!

POSTED COMMENT

  1. 火の鳥ほむら より:

    こんにちは
    いつも拝見しています。
    メタマスクで検索して作った物が偽物で無いのを確認する方法は、アドレスを見る以外はありますでしょうか?

  2. omochi より:

    コメントありがとうございます!
    ご質問の意味を読み取れていなかったら申し訳ないのですが、本物のコレクションページに行ってご購入された作品のオーナー名で確認できるかと思います。
    本物か偽物かは買う前に必ず表示される『Review collection details』できちんと確認できますので、そこは要チェックでございます!