仮想通貨/暗号資産

【Bungee(バンジー)】Refuelの使い方|ネイティブトークンが簡単に入手できる!

omochi

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページでは、Bungee(バンジー)のRefuel機能の使い方についてわかりやすく解説していきます。

Refuelをつかえば、手持ちの通貨を別のネットワークに転送するだけで、転送先のネイティブトークン(ガス代を払うのに必要な通貨)が簡単に入手できます!

おもち
おもち

ポリゴンチェーンでつかえるMATICも簡単に手に入っちゃうよ!

1回の処理で入手できるネイティブトークンの数量は上限があります。上限以上の通貨を交換したい場合は、BungeeのTransfer機能をつかいましょう。

STEP1.Bungee(バンジー)のRefuel画面をひらこう

Bungee(バンジー)をひらきます。

こちらの画面が表示されたら内容を確認して『Agree and Continue』をクリック。

Bungeeがひらきました。

つづいて画面左上にある『Refuel』をクリック。

Refuel画面がひらきました。

STEP2.MetaMask(メタマスク)を接続しよう

画面右上にある『Connect Wallet』ボタンをクリック。

『MetaMask』を選択。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

接続先URLが『https://www.bungee.exchange』になっていることを確認して『次へ』ボタンをクリック。

こちらも接続先URLが『https://www.bungee.exchange』になっていることを確認して『接続』ボタンをクリック。

画面右上にウォレットアドレスが表示されたらOKです!

STEP3.必要な情報を入力しよう

必要な情報を入力していきましょう。

まずは転送元ネットワークから。

今回はイーサリアムメインネットから転送したいので『Ethereum』のままで大丈夫ですが、別のネットワークから転送したい場合はTransfer fromの下向き矢印をクリック。

転送元となるネットワークを選択してください。

おもち
おもち

メタマスクは、選択したネットワークをひらいておこう!

つづいて転送先のネットワークを選択していきます。

Transfer toの下向き矢印をクリック。

転送先ネットワークを選択してください。

おもち
おもち

今回は『Polygon』を選択したよ!

さいごに転送したい数量を入力。

おもち
おもち

今回は、0.001ETHを転送してみるよ!

そうすると、転送先にとどくネイティブトークンの数量が表示されます。

STEP4.ガス代(手数料)を払って通貨を転送しよう

すべて入力できたので『Refuel』ボタンをクリック。

転送に必要なガス代が表示されるので、内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

しばし待ちます。

さらに待ちます。

ここからまた5分ほど待ちます。

こちらの画面が表示されたら完了です!

おもち
おもち

クラッカーがパーンとなって、おめでとうムードの画面になるよ!

STEP5.メタマスクをひらいて転送できたか確認しよう

メタマスクをひらいて、転送した分のネイティブトークンが表示されていることを確認してください。

メタマスクにポリゴンメインネットを追加する方法はこちらをどうぞ。

つづきはこちら
【MetaMask】メタマスクに新しくネットワークを追加する方法
【MetaMask】メタマスクに新しくネットワークを追加する方法
ABOUT ME
おもち
おもち
クリエイター
グラフィックデザイン4年。 2021年4月より仮想通貨に参入。
Twitterとstand.fmにて初心者向けにNFT/仮想通貨の情報を発信。詐欺対策セミナー受講者400名以上。

Ninja DAOにて名誉職である『マスター忍者』に就任。日本を代表するNFTコレクション『CNP』のコントリビューター。
記事URLをコピーしました