ハッキング対策

MetaMask(メタマスク)を復元する方法|シークレットリカバリーフレーズを使ってインポートしよう

omochi

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページではMetaMask(メタマスク)を復元する方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち

とってもかんたんに復元できちゃうよ!

メタマスクを復元するにはダウンロードしたときに取得した『シークレットリカバリーフレーズ』が必要です!

シークレットリカバリーフレーズをなくしてしまった方は、メタマスクから確認することもできます。

STEP1.MetaMask(メタマスク)の公式サイトへいこう

まずはMetaMaskの公式サイトへいきましょう。

https://metamask.io

Metamaskは偽物がでまわっているので、必ず正しいURLからダウンロードしてください(上記のURLは安全です)。

画面がひらいたら右上にある『Download』または左下にある『Download for Chrome』ボタンをクリック。

STEP2.MetaMaskをChromeにダウンロードしよう

『Chromeに追加』をクリック。

【MetaMask】をChromeにインストールする方法④|おもちの美学

『拡張機能を追加』ボタンをクリック。

STEP3.シークレットリカバリーフレーズを入力する画面をひらこう

『既存のウォレットをインポート』ボタンをクリック。

内容を確認して『I agree』ボタンをクリック。

シークレットリカバリーフレーズを入力する画面がひらきました。

STEP4.シークレットリカバリーフレーズを入力しよう

シークレットリカバリーフレーズを1マスに1単語ずつ順番に入力してください。

おもち
おもち

メタマスクをダウンロードするときに表示された単語の羅列を入力していくよ!

入力できたら『シークレットリカバリーフレーズの確認』ボタンをクリック。

STEP5.パスワードを入力してウォレットをインポートしよう

パスワードは新しく作成してもいいですし、これまでつかっていたパスワードを入力してもOKです!

おもち
おもち

古いパスワードが危険にさらされているときは新しいパスワードに変更しよう!

パスワードが入力できたら、メッセージを確認してチェックボックスにチェックを入れる。

『ウォレットをインポート』ボタンをクリック。

これでメタマスクを復元することができました!

『了解!』ボタンをクリック。

『次へ』ボタンをクリック。

『完了』ボタンをクリック。

もとのウォレットに入っていた通貨がそのまま表示されます。

なお、自分で『トークンをインポート』してメタマスクに表示させていた通貨については、表示が消えてしまうので、再度『トークンをインポート』して表示させてください。

おもち
おもち

なくなったわけではなく表示されていないだけなので安心してね!

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)で暗号資産が表示されないときの対処法【初心者向け】コントラクトアドレスをつかってトークンをインポートしよう
MetaMask(メタマスク)で暗号資産が表示されないときの対処法【初心者向け】コントラクトアドレスをつかってトークンをインポートしよう
受講者400名突破!

ハッキング対策セミナー

オンラインで学べるNFTハッキング対策セミナーです。『なぜNFTは盗まれるの?』『具体的にどんな対策をしたらいい?』におもちが答えます!

ABOUT ME
おもち
おもち
フリーランスデザイナー
ファッションデザイン分野10年。Kindleデザイン本売れ筋1位記録。セミナー受講者400名以上。

2021年4月からNFTの世界へ。TwitterとYouTubeにて初心者向けにNFT講座を発信。

10万人以上が参加するNinjaDAOにて名誉職である『マスター忍者』に就任。日本トップNFTコレクション『CryptoNinja Partners』のコントリビューター。

OpenSeaにてNFTコレクション『mitama』も展開中です!
記事URLをコピーしました