Web3ウォレット

MetaMask(メタマスク)で暗号資産が表示されないときの対処法|トークンをインポートしよう

omochi

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページでは送ったはずの暗号資産がメタマスクで表示されないときの対処法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち

メタマスクに表示されないと不安になるよね!

トークンをインポートする方法

  • メタマスクの検索をつかってインポートする
  • コントラクトアドレスを検索してコピペする

この2つのやり方があります。

おもち
おもち

メタマスクの検索をつかうのが簡単でおすすめだよ!

ポリゴンとBNBチェーンの初期設定では『検索』をつかってのインポートができないので、先に設定を変更しておきましょう。

イーサリアムメインネットでは初期設定ですでに『検索』をつかってのインポートができるようになっています!

STEP1.MetaMask(メタマスク)をひらいて設定を変更しよう

画面右上にある拡張機能マークをクリックして『MetaMask』を選択。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

ネットワークをかえたい場合は、画面左上にある下向き矢印をクリックして、変更してください。

画面右上にある『メニュー』マークをクリック。

『設定』をクリック。

『セキュリティとプライバシー』をクリック。

セキュリティとプライバシー設定画面がひらいたら下にスクロール。

『トークンを自動検出』のスイッチをオンにします。

おもち
おもち

これでメタマスクの『検索』をつかってインポートできるようになったよ!

STEP2.トークンをインポートしよう

『トークン』をクリック。

つづけて『トークンをインポート』をクリック。

『検索』をつかってトークンをインポートする

まずは『検索』をつかってトークンをインポートする方法から。

おもち
おもち

『検索』をつかうのが簡単でおすすめ!

検索窓に追加したいトークン名を入力。

おもち
おもち

こんかいは『WETH』と入力してみるよ!

検索結果から追加したいトークンをみつけて、そちらをクリック。

おもち
おもち

検索結果にでてこないトークンは、つぎに解説する『カスタムトークン』をつかってインポートしよう!

『次へ』ボタンをクリック。

『インポート』ボタンをクリック。

これでトークンがインポートできました。

おもち
おもち

やっとトークンが表示されるようになったね!

カスタムトークンをつかってトークンをインポートする

つづいては『カスタムトークン』をつかってトークンをインポートする方法です。

おもち
おもち

『検索』でみつからなかったトークンは、こっちでインポートしよう!

『トークンコントラクトアドレス』に追加したいトークンのコントラクトアドレスを入力していきます。

トークンを追加したいネットワークに該当するサイトをひらきましょう。

  • Etherscan:イーサリアムメインネットでトークンを追加
  • polygonscan:ポリゴンメインネットでトークンを追加
  • BscScan:BNBチェーンでトークンを追加
おもち
おもち

こんかいは『Etherscan』で解説するね!

サイトがひらいたら、検索窓に追加したいトークン名を入力。

おもち
おもち

こんかいは『SAND』を検索してみるよ!

検索結果から追加したいトークンをみつけて、そちらをクリック。

トークンの詳細ページがひらきます。

右側にある『TOKEN CONTRACT』アドレスのコピーマークをクリック。

おもち
おもち

これでコントラクトアドレスがコピーできたよ!

メタマスクにもどり、コピーしたコントラクトアドレスをメタマスクの『トークンコントラクトアドレス』に貼りつけます。

『次へ』ボタンをクリック。

『インポート』ボタンをクリック。

これでトークンがインポートできました。

おもち
おもち

ポリゴンもBNBチェーンもやり方はおなじなのでぜひ試してみてね!

ABOUT ME
おもち
おもち
デザイナー
グラフィックデザイン4年。 2021年4月からNFTの世界へ。
TwitterとYouTubeにて初心者向けにNFT講座を発信。セミナー受講者400名以上。

NinjaDAOにて名誉職である『マスター忍者』に就任。日本を代表するNFTコレクション『CNP』のコントリビューター。
記事URLをコピーしました