NFTアートのつくりかた

MetaMask(メタマスク)で暗号資産が表示されないときの対処法【初心者OK】コントラクトアドレスをつかってトークンを追加しよう

メタマスクに暗号資産を送ったのに表示されない!送り方まちがえたのかなぁ…資金がなくなってたらどうしよう…きちんと送ったはずなのになんで?だれか助けてください!

おもち
おもち
こんな疑問にお答えします!

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページでは送ったはずの暗号資産がメタマスクで表示されないときの対処法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
今回はイーサリアムメインネットにマティック(MATIC)トークンを追加していきます!

STEP1.MetaMask(メタマスク)をひらこう

まずはメタマスクをひらきましょう。

パソコンの画面右上にある拡張機能マークをクリックして『MetaMask』を選択します。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

STEP2.メタマスクが接続しているネットワークを確認しよう

メタマスクがひらいたら、きつねマークの右側にある文字列を確認します。

今回は『イーサリアムメインネット』のなかに新しいトークンを追加したいので、きつねマークの右側にある文字列が『イーサリアムメインネット』になっていることを確認してください。

もし別の文字列になっている場合は、文字列の右側にある下矢印をクリックして『イーサリアムメインネット』に変更しておきましょう。

ちなみに『バイナンススマートチェーン(BSC)』のなかに新しいトークンを追加したいときは、きつねマークの右側にある文字列が『Binance Smart Chain』になっているか確認します。

おもち
おもち
接続するネットワークを切り替えると表示されるトークンの内容がかわるよ!

STEP3.メタマスクにある『検索』をつかってトークンを追加しよう

ネットワークの確認がおわったら『トークンの追加』ボタンをクリック。

まずはメタマスクにある『検索』をつかったやり方から解説します。

おもち
おもち
かんたんに見つかるよ!

追加したい暗号資産を検索窓に入力します。

今回は『Matic』を追加したいので『Matic』と入力。

そうすると候補がいくつか表示されるので該当するものをクリックして『次へ』ボタンをクリック。

『トークンの追加』ボタンをクリック。

これでメタマスクのなかに『Matic』が追加されました。

参考までに:メタマスクにある『カスタムトークン』をつかってトークンを追加しよう

参考までに『カスタムトークン』をつかってトークンを追加する方法についても解説しておきます。

おもち
おもち
すこし手間がかかるので参考までに!

トークンの追加で『カスタムトークン』を選びます。

『トークンコントラクトアドレス』にトークンのアドレスを入力していきましょう。

トークンコントラクトアドレスは

  • イーサリアムメインネット:Etherscan
  • バイナンススマートチェーン:BscScan

でそれぞれ調べることができます。

『Etherscan』も『BscScan』もやり方はおなじです。

おもち
おもち
Etherscanの方で解説していきます!

Etherscanをひらいて検索窓に追加したい暗号資産を入力します。

今回は『Matic』を追加したいので『Matic』と入力。

そうすると候補がいくつか表示されるので該当するものをクリック。

トークンのくわしい情報が表示されます。

画面右側にある『Contract』にあるアドレスをコピーしてください。

おもち
おもち
コピーマークをクリックすると簡単にコピーできるよ!

コピーしたものをメタマスクの『トークンコントラクトアドレス』にコピペします。

『トークンシンボル』と『トークンの10進数』は自動で入力されるので『次へ』ボタンをクリック。

『トークンの追加』ボタンをクリック。

これでメタマスクのなかに『Matic』が追加されました。

おもち
おもち
きちんと表示されると安心感があるよね!