NFTお役立ち情報

MetaMask(メタマスク)で暗号資産が表示されないときの対処法【初心者OK】コントラクトアドレスをつかってトークンを追加しよう

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページでは送ったはずの暗号資産がメタマスクで表示されないときの対処法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
メタマスクに表示されないと不安になるよね!

  • イーサリアムメインネット
  • Polygon PoS (Matic) Mainnet
  • Binance Smart Chain Mainnet

それぞれで解説していきます!

おもち
おもち
基本的なやり方はどれも同じだよ!

それでは順番にみていきましょう。

イーサリアムメインネットでトークンを追加する方法

STEP1.MetaMask(メタマスク)をひらこう

メタマスクをひらきましょう。

パソコンの画面右上にある拡張機能マークをクリックして『MetaMask』を選択します。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

STEP2.『import tokens』をクリックしよう

きつねマークの右側の文字列が『イーサリアムメインネット』になっていることを確認したら、下部にある『import tokens』をクリック。

違う文字列になっている場合は文字列の右側にある下矢印をクリック。

『イーサリアムメインネット』を選択してください。

STEP3.トークンを検索しよう

イーサリアムメインネットのみトークンを検索する方法が2通りあります。

おもち
おもち
『検索』つかう方がとっても簡単だよ!

『検索』をつかってトークンを検索する場合

まずは『検索』をつかう場合から。

『トークンの検索』に追加したい暗号資産を入力します。

今回は『uni』と検索してみました。

追加したい暗号資産をみつけてクリックしてください。

カスタムトークンをつかって検索する場合

つづいては『カスタムトークン』をつかう場合について。

『トークンコントラクトアドレス』に暗号資産のコントラクトアドレスを入力します。

Etherscanをひらきましょう。

検索窓に追加したい暗号資産を入力してください。

今回は『uni』と入力しました。

追加したい暗号資産をみつけてクリック。

暗号資産の詳細ページがひらきます。

右側にある『Contract』のアドレスをコピーしてください。

コピーしたコントラクトアドレスをメタマスクの『トークンコントラクトアドレス』に貼りつけます。

そのまま『Add Custom Token』ボタンをクリック。

STEP4.MetaMaskにトークンを追加しよう

『Import Tokens』ボタンをクリック。

これでメタマスクにトークンが追加されました。

おもち
おもち
とっても簡単に追加できたね!

Polygon PoS (Matic) Mainnetでトークンを追加する

STEP1.MetaMask(メタマスク)をひらこう

メタマスクをひらきましょう。

パソコンの画面右上にある拡張機能マークをクリックして『MetaMask』を選択します。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

STEP2.『import tokens』をクリックしよう

きつねマークの右側の文字列が『Polygon PoS (Matic) Mainnet』になっていることを確認したら、下部にある『import tokens』をクリック。

画像ではネットワーク名が『Matic mainnet(旧名)』になっています!

違う文字列になっている場合は文字列の右側にある下矢印をクリック。

『Polygon PoS (Matic) Mainnet』を選択してください。

STEP3.トークンを検索しよう

『トークンコントラクトアドレス』に暗号資産のコントラクトアドレスを入力します。

polygonscanをひらきましょう。

検索窓に追加したい暗号資産を入力してください。

今回は『quick』と入力しました。

追加したい暗号資産をみつけてクリック。

暗号資産の詳細ページがひらきます。

右側にある『Contract』のアドレスをコピーしてください。

コピーしたコントラクトアドレスをメタマスクの『トークンコントラクトアドレス』に貼りつけます。

そのまま『Add Custom Token』ボタンをクリック。

STEP4.MetaMaskにトークンを追加しよう

『Import Tokens』ボタンをクリック。

これでメタマスクにトークンが追加されました。

おもち
おもち
慣れればサクサク追加できるようになるよ!

Binance Smart Chain Mainnet でトークンを追加する

STEP1.MetaMask(メタマスク)をひらこう

メタマスクをひらきましょう。

パソコンの画面右上にある拡張機能マークをクリックして『MetaMask』を選択します。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

STEP2.『import tokens』をクリックしよう

きつねマークの右側の文字列が『Binance Smart Chain Mainnet』になっていることを確認したら、下部にある『import tokens』をクリック。

違う文字列になっている場合は文字列の右側にある下矢印をクリック。

『Binance Smart Chain Mainnet』を選択してください。

STEP3.トークンを検索しよう

『トークンコントラクトアドレス』に暗号資産のコントラクトアドレスを入力します。

BscScanをひらきましょう。

検索窓に追加したい暗号資産を入力してください。

今回は『cake』と入力しました。

追加したい暗号資産をみつけてクリック。

暗号資産の詳細ページがひらきます。

右側にある『Contract』のアドレスをコピーしてください。

コピーしたコントラクトアドレスをメタマスクの『トークンコントラクトアドレス』に貼りつけます。

そのまま『Add Custom Token』ボタンをクリック。

STEP4.MetaMaskにトークンを追加しよう

『Import Tokens』ボタンをクリック。

これでメタマスクにトークンが追加されました。

おもち
おもち
メタマスクに表示されたらホッとするよね!

以上、送ったはずの暗号資産がメタマスクで表示されないときの対処法についてでした。