NFTアートのつくりかた

MetaMask(メタマスク)をつかって暗号資産をスワップ(交換)する方法【初心者OK】画像つきで丁寧に解説!

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページではMetaMask(メタマスク)をつかって暗号資産をスワップ(交換)する方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
今回はイーサ(ETH)をマティック(MATIC)に交換していきます!

イーサリアムのガス代が高騰しているため、暗号資産を500円ほど交換するのに手数料が3,500円ほどかかりました(2021年9月現在)。何回もスワップ(交換)すると資金がなくなるので要注意です!

STEP1.MetaMask(メタマスク)をひらこう

まずはメタマスクをひらきましょう。

パソコンの画面右上にある拡張機能マークをクリックして『MetaMask』を選択します。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

STEP2.メタマスクが接続しているネットワークを確認しよう

メタマスクがひらいたら、きつねマークの右側にある文字列を確認します。

今回は『イーサリアムメインネット』のなかで暗号資産をスワップ(交換)したいので、きつねマークの右側にある文字列が『イーサリアムメインネット』になっていることを確認してください。

もし別の文字列になっている場合は、文字列の右側にある下矢印をクリックして『イーサリアムメインネット』に変更しておきましょう。

ちなみに『バイナンススマートチェーン(BSC)』のなかで暗号資産を交換したいときは、きつねマークの右側にある文字列が『Binance Smart Chain』になっているか確認します。

イーサリアムメインネットでつかえる『Matic』は、イーサリアムメインネットのなかで交換された『Matic』になります。バイナンススマートチェーンのなかで交換された『Matic』はネットワークがちがうのでイーサリアムメインネットではつかえません。

おもち
おもち
ネットワークの確認は要注意だね!

STEP3.交換したい暗号資産をえらぼう

ネットワークが確認できたら、まずは交換につかう暗号資産を選択していきます。

今回は『ETH(イーサ)』をつかって交換したいので『ETH』をクリック。

つづけて『スワップ』をクリック。

スワップ元が『ETH』になっていることを確認してください。

つづけて交換したい暗号資産を選択していきます。

スワップ先の右側にある下矢印をクリック。

交換したい暗号資産をみつけてクリックしてください。

今回は『MATIC(マティック)』と交換したいので『MATIC』を選択。

おもち
おもち
『MATIC』はポリゴンのブロックチェーンをつかうときに必要な暗号資産だよ!

STEP4.スワップ(交換)する価格を入力しよう

さいごに交換する価格を入力します。

価格が入力できたら『スワップの確認』ボタンをクリック。

STEP5.手数料(ガス代)をはらってスワップ(交換)しよう

交換に必要な手数料(ガス代)が表示されます。

ガス代はコロコロかわるので、時間がある方は安くなるまで待ちましょう。

数分まっただけでガス代が『1,500円』ほど安くなりました。

おもち
おもち
これはお得だね!

ガス代を確認したら『スワップ』ボタンをクリック。

しばし待ちます。

これで暗号資産を交換することができました。

念のため、きちんと交換されたかメタマスクで確認してみましょう。

交換した暗号資産がメタマスクに表示されていればOKです!

おもち
おもち
メタマスクをつかうとスムーズに暗号資産が交換できて便利だね!