ハッキング対策

【Etherscan】でRevoke(リボーク)する方法|Approve(アプルーブ)を取り消してハッキング対策をしよう

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページではApprove(アプルーブ)したままになっている暗号資産やNFTコレクションをRevoke(リボーク)する方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
定期的にリボークしよう!

このページでは、

  • Etherscan(イーサスキャン)
  • PolygonScan(ポリゴンスキャン)
  • BscScan(バイナンススマートチェーンスキャン)

上記の3つをつかってリボークしていきます。

現在、すべてのリボークサービスがベータ版でのリリースとなっています!

おもち
おもち
どれもほぼ同じやり方でリボークできるよ!

こちらでリボークできないものは、Revoke.cashをつかってリボークしてください。

リボークするたびに手数料(ガス代)がかかります!

Approve(アプルーブ)とRevoke(リボーク)についてはこちらのツイートをどうぞ。

Etherscan(イーサスキャン)をつかってRevoke(リボーク)する方法

STEP1.Etherscan(イーサスキャン)をひらこう

Etherscan(イーサスキャン)をひらきましょう。

参考までに、メタマスクからもかんたんにイーサスキャンをひらくことができます。

右上にあるメニューマークをクリック。

『アカウントをEtherscanで表示』をクリック。

これでイーサスキャンがひらきます。

おもち
おもち
お好きなやり方でひらいてね!

STEP2.アプルーブ画面をひらいてメタマスクと接続しよう

画面右上にある『More』をクリック。

Toolsに表示されている『Token Approvals』を選択。

こちらの画面がひらいたら『Connect to Web3』ボタンをクリック。

『ベータ版の機能なので、なにか問題があったとき責任は一切とりません』という注意事項が表示されます。

内容を理解した方のみ『OK』ボタンをクリック。

『MetaMask』を選択。

『Connected-Web3』と表示されれば、メタマスクとの接続はOKです!

STEP3.リボークしたいトークンをさがそう

トークンの企画ごとに表示内容がかわります。

  • ERC-20:暗号資産
  • ERC-721:NFT
  • ERC-1155:NFT

おもち
おもち
3つともクリックしてみてリボークが必要なものをさがそう!

STEP4.Revoke(リボーク)しよう

こんかいは『ERC-721』に表示されているNFTコレクションのアプルーブを取り消していきます。

リボークしたいコレクションの右側にあるリボークボタンをクリック。

『Revoke』ボタンをクリック。

発生する手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

1~2分ほどすると『Cofirmed transaction』が表示されます。

おもち
おもち
これでリボークは完了です!

念のため『View your transaction』ボタンをクリックして、トランザクションを確認してみましょう。

Statusに『Pending』が表示されているときはまだ処理中です。

Statusに『Success』と表示されたらリボーク完了です!

もとの画面をひらいて、リボークしたコレクションの表示が消えていることを確認してください。

おもち
おもち
反映されるまで5分ほどかかるよ!

リボークした暗号資産がまだ表示されている場合は、画面左上にある『このページを再読み込みします』マークをクリック。

これでリボークした暗号資産の表示が消えるはずです。

おもち
おもち
しばらくつかわないApproveはすべて取り消しておこう!

PolygonScan(ポリゴンスキャン)をつかってRevoke(リボーク)する方法

STEP1.PolygonScan(ポリゴンスキャン)をひらこう

PolygonScan(ポリゴンスキャン)をひらきましょう。

参考までに、メタマスクからもかんたんにポリゴンスキャンをひらくことができます。

右上にあるメニューマークをクリック。

『アカウントをエクスプローラーで表示』をクリック。

これでポリゴンスキャンがひらきます。

おもち
おもち
やりやすい方からひらいてね!

STEP2.アプルーブ画面をひらこう

画面右上にある『More』をクリック。

『Token Approvals』を選択。

ここにメタマスクのウォレットアドレスをコピペしていきます。

メタマスクをひらいてアカウント名の下にあるアドレスをクリック。

おもち
おもち
これでアドレスがコピーできるよ!

コピーしたメタマスクのアドレスを貼りつけて検索マークをクリック。

アプルーブ画面がひらきました。

STEP3.MetaMask(メタマスク)を接続しよう

画面左上にある『Connect to Web3』ボタンをクリック。

『MetaMask』を選択。

メタマスクを選択後、もとの画面にもどることがあります。その場合は、ふたたび『Connect to Web3』ボタンをクリック、再度『MetaMask』を選択してください。

『ベータ版の機能なので、なにか問題があったとき責任は一切とりません』という注意事項が表示されます。

内容を理解した方のみ『OK』ボタンをクリック。

『Connected-Web3』と表示されればOKです!

STEP4.Revoke(リボーク)しよう

リボークしたい暗号資産の行の右側にあるリボークマークをクリック。

『Revoke』ボタンをクリック。

発生する手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

1~2分ほどすると『Cofirmed transaction』が表示されます。

おもち
おもち
これでリボークは完了です!

念のため『View your transaction』ボタンをクリックして、トランザクションを確認してみましょう。

トランザクションに『Success』と表示されていればリボーク完了です!

トークンの承認画面をひらいて、リボークした暗号資産の表示が消えていることを確認してください。

リボークした暗号資産がまだ表示されている場合は、画面左上にある『このページを再読み込みします』マークをクリック。

これでリボークした暗号資産の表示が消えるはずです。

おもち
おもち
よく覚えていないApproveはすべて取り消しておこう!

BscScan(バイナンススマートチェーンスキャン)をつかってRevoke(リボーク)する方法

STEP1.BscScan(バイナンススマートチェーンスキャン)をひらこう

BscScan(バイナンススマートチェーンスキャン)をひらきましょう。

参考までに、メタマスクからもかんたんにBscスキャンをひらくことができます。

右上にあるメニューマークをクリック。

『アカウントをエクスプローラーで表示』をクリック。

Bscスキャンがひらきました。

おもち
おもち
どちらからひらいてもOKだよ!

STEP2.アプルーブ画面をひらこう

画面右上にある『More』をクリック。

『Token Approvals』を選択。

ここにメタマスクのウォレットアドレスをコピペしていきます。

メタマスクをひらいてアカウント名の下にあるアドレスをクリック。

おもち
おもち
これでアドレスがコピーできるよ!

コピーしたメタマスクのアドレスを貼りつけて検索マークをクリック。

アプルーブ画面がひらきました。

STEP3.MetaMask(メタマスク)を接続しよう

画面左上にある『Connect to Web3』ボタンをクリック。

『MetaMask』を選択。

メタマスクを選択後、もとの画面にもどることがあります。その場合は、ふたたび『Connect to Web3』ボタンをクリック、再度『MetaMask』を選択してください。

『ベータ版の機能なので、なにか問題があったとき責任は一切とりません』という注意事項が表示されます。

内容を理解した方のみ『OK』ボタンをクリック。

『Connected-Web3』と表示されればOKです!

STEP4.Revoke(リボーク)しよう

リボークしたい暗号資産の行の右側にあるリボークマークをクリック。

『Revoke』ボタンをクリック。

発生する手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

1~2分ほどすると『Cofirmed transaction』が表示されます。

おもち
おもち
これでリボークは完了です!

念のため『View your transaction』ボタンをクリックして、トランザクションを確認してみましょう。

トランザクションに『Success』と表示されていればリボーク完了です!

トークンの承認画面をひらいて、リボークした暗号資産の表示が消えていることを確認してください。

リボークした暗号資産がまだ表示されている場合は、画面左上にある『このページを再読み込みします』マークをクリック。

これでリボークした暗号資産の表示が消えるはずです。

おもち
おもち
よく覚えていないApproveはすべて取り消しておこう!

以上、Approveしたままになっている暗号資産やNFTコレクションをリボークする方法についてでした。