Web3

Web3【分散型ソーシャルグラフ】機能がついたDeBank(デバンク)に登録する方法をわかりやすく解説

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページではウォレット管理に便利な『DeBank(デバンク)』に登録する方法についてわかりやすく解説していきます。

2022年1月、DeBankにWeb3系分散型ソーシャルグラフ機能がつきました!

おもち
おもち
ウォレットの中身が丸見えになるので、気になる方は別にウォレットをつくってもイイかもです!

メタマスクを新しくインストールして複数のウォレットを管理する方法についてはこちらをどうぞ。

STEP1.DeBankの公式サイトをひらこう

DeBankの公式サイトをひらきます。

トップ画面がひらいたら、画面右上にある『Login via web3 wallet』ボタンをクリック。

STEP2.MetaMaskと接続しよう

MetaMaskがひらくのでパスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

『次へ』ボタンをクリック。

『接続』ボタンをクリック。

STEP3.本人確認の署名をしてDeBankにログインしよう

MetaMaskと接続すると画面右上にウォレットアドレスが表示されるようになります。

ウォレットアドレスが表示されたボタンをクリック。

『Verify』ボタンをクリック。

つづけて『Verify』ボタンをクリック。

『署名』ボタンをクリック。

これでDeBankにログインすることができました。

STEP4.DeBankと紐づけよう

ウォレットアドレスが表示されたボタンをクリック。

『Settings』を選択。

こちらの画面がひらきます。

DeBankとEmailを紐づけよう

DeBankとメールアドレスを紐づけていきます。

おもち
おもち
メールアドレスと紐づけたくない方はとばしてOK!

メールアドレスを入力。

『Save』ボタンをクリック。

内容を確認して『署名』ボタンをクリック。

つづいてTwitter認証をしていきます。

『Verify Email』ボタンをクリック。

『Get code』ボタンをクリック。

登録したアドレスあてにコードが記載されたメッセージが届きます。

メールに記載されているコードを入力。

『Confirm』ボタンをクリック。

『added』が表示されたらOK!

Emailのところに緑色で『Verified』マークがつきました。

おもち
おもち
これでメールはOK!

DeBankとTwitterを紐づけよう

つぎはTwitterを紐づけていきます。

Twitterの右側にある『Add Twitter』ボタンをクリック。

Twitterのアカウント名、またはTwitterプロフィールページのURLをコピペします。

コピペできたら『Save』ボタンをクリック。

内容を確認して『署名』ボタンをクリック。

つづけてTwitter認証をしていきます。

Twitterの右側にある『Verify Twitter』ボタンをクリック。

TwitterのプロフィールページにDeBankのリンクをはりつづける必要があります!それが難しい方はとばしてください。

赤字で表示されているURLの下にある『Copy link』をクリック。

おもち
おもち
Twitterプロフィールページのウェブサイト部分にコピペしていくよ!

Twitterのプロフィール画面にある『プロフィールを編集』ボタンをクリック。

ウェブサイトの項目にコピーしたURLを貼りつけます。

DeBankにもどり『Verify』ボタンをクリック。

『added』が表示されたらOK!

Twitterのところに緑色で『Verified』マークがつきました。

おもち
おもち
これでTwitterはOK!

DeBankとGitHubを紐づけよう

DeBankとGitHub(ギットハブ)を紐づけていきます。

『Add GitHub』ボタンをクリック。

GitHubを実際につかっていないと連携できたとしてもすぐに解除されるので注意です!

GitHubのプロフィールページURLをコピペしてから『Save』ボタンをクリック。

内容を確認して『署名』ボタンをクリック。

つづいてGitHub認証をしていきます。

『Verify Github』ボタンをクリック。

GitHubのプロフィールページにDeBankのリンクをはりつづける必要があります!それが難しい方はとばしてください。

赤字で表示されているURLの下にある『Copy link』をクリック。

おもち
おもち
GitHubプロフィールページのBioにコピペしていくよ!

GitHubのプロフィールページをひらきましょう。

ひらいたらアイコンの下にある『Edit profile』ボタンをクリック。

Bioのどこかでもいいのでコピーしたリンクを貼りつけます。

『Save』ボタンをクリック。

GitHubプロフィールページにDeBankのリンクが貼れました。

DeBankにもどり『Verify』ボタンをクリック。

GitHubのところに緑色で『Verified』マークがつきました。

STEP5.アイコンを設定しよう

自分がもっているNFTをアイコンにしたい方はアイコン設定にすすみましょう。

画面右上にあるウォレットアドレスが表示されたボタンをクリック。

『My Profile』を選択。

おもち
おもち
アイコン設定しない方はSTEP7にすすんでください!

プロフィール画面がひらきます。

アイコンマークにカーソルをもっていくと『Edit』が表示されるので、そちらをクリック。

アイコンにつかいたいNFTを選択したら『Save』ボタンをクリック。

おもち
おもち
これでアイコンが変更されました!

STEP6.気になる人をフォローしよう

画面左下にある『Web3 Social Ranking』ボタンをクリック。

イロイロな人がランキング形式で表示されているので気になる人がいたらフォローしよう!

おもちのDeBankページはこちら

おもち
おもち
フォローお待ちしています♪

以上、Web3系分散型ソーシャルグラフ機能がついているDeBnkに登録する方法についてでした。