分散型取引所の使い方

QuickSwap(クイックスワップ)でLPを作成して流動性を供給する方法【初心者向け】わかりやすく解説!

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページではQuickswap(クイックスワップ)でLPを作成し流動性を供給する方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
今回は『USDC』と『CNGT』でLPを組んでいきます!

LPを組む暗号資産のペアは同等の価格分を用意する必要があります!

STEP1. QuickSwap(クイックスワップ)をひらこう

QUICKSWAPの公式サイトをひらきます。

トップぺージがひらいたら、画面左上にある『Pool』をクリック。

STEP2.LPを組む暗号資産を指定しよう

『Add Liquidity』をクリック。

LPを組む暗号資産を指定していきます。

『MATIC』の右側にある下矢印をクリック。

LPを組みたい暗号資産を選択します。

おもち
おもち
今回は『USDC』を選択しました!

つづいて『Select a token』ボタンをクリック。

こちらもLPを組みたい暗号資産を選択していきます。

参考までに、検索で表示されない暗号資産の場合は、検索窓にコントラクトアドレスを入力しましょう。

CNGTのコントラクトアドレスは『0x8930568b98e48aa02cc660992a9223e596c528b8』です!

STEP3.MetaMaskと接続しよう

LPを組みたい暗号資産が指定できたら『Connect Wallet』ボタンをクリック。

『MetaMask』を選択。

『次へ』ボタンをクリック。

『接続』ボタンをクリック。

STEP4.LPを組む暗号資産の価格を入力しよう

つづいてLPを組みたい暗号資産の価格を入力していきます。

『USDC』または『CNGT』のどちらか1つを入力すればOK!

STEP5.手数料(ガス代)を払って認証しよう

価格が入力できたらそれぞれの暗号資産ごとに認証していきます。

まずは『Approve USDC』ボタンをクリック。

手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

つづいて『Approve CNGT』ボタンをクリック。

手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

しばし待ちます。

認証が完了しました!

STEP6.手数料(ガス代)を払って流動性を供給しよう

『Supply』ボタンをクリック。

『Confirm Supply』ボタンをクリック。

手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

これで流動性を供給することができました。

STEP7.LPがきちんと組まれているか確認しよう

トップページの画面左上にある『Pool』をクリック。

ここに自分がLPを組んだ暗号資産のペアが表示されます。

もし表示されない場合は『Import it.』をクリック。

LPを組んだ暗号資産をそれぞれ選択していきます。

『MATIC』の右側にある下矢印をクリック。

LPを組んだ暗号資産を選択してください。

おもち
おもち
今回は『USDC』を選択するよ!

つづいて『Select a Token』の右側にある下矢印をクリック。

こちらもLPを組んだ暗号資産を選択していきます。

検索で表示されない暗号資産の場合は、検索窓にコントラクトアドレスを入力しましょう。

CNGTのコントラクトアドレスは『0x8930568b98e48aa02cc660992a9223e596c528b8』です!

LPを組んだ暗号資産のペアが選択できたら『Manage this pool.』をクリック。

これでLPを組んだ暗号資産のペアをPoolに表示させることができました。

『Manage』をクリック。

画像のような表示になっていればOKです!

おもち
おもち
きちんとLPが組めたね!

参考までに:LPを解除して暗号資産にもどす方法

LPを解除する方法についても解説しておきます。

トップページの画面左上にある『Pool』をクリック。

LPを組んだ暗号資産ペアの右側にある『Manage』をクリック。

『Remove』ボタンをクリック。

ここで何パーセント解除するかを設定していきます。

パーセントは、黒丸レバーを動かす、または『25%』『50%』『75%』『Max』のボタンを押すことで変更できます。

パーセントがきまったら『Approve』ボタンをクリック。

メッセージの内容をきちんと確認してから『署名』ボタンをクリック。

手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

これでLPを解除することができます。

以上、Quickswap(クイックスワップ)でLPを作成し流動性を供給する方法についてでした。