Web3ウォレット

【メタマスク】所有中のNFTを表示させる方法|MetaMask

omochi

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページでは、MetaMask(メタマスク)で所有しているNFTを表示させる方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち

ついにメタマスクでNFTが表示できるようになったよ!

STEP1.MetaMask(メタマスク)をひらこう

画面右上にある拡張機能マークをクリックして『MetaMask』を選択。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

STEP2.メタマスクの設定を変更しよう

メタマスクがひらいたら、右上にあるメニューマークをクリック。

『設定』をクリック。

『セキュリティとプライバシー』をクリック。

セキュリティとプライバシー画面がひらくので、下にスクロール。

『NFTを自動検出』をさがしてください。

『NFTを自動検出』の右側にあるスイッチをオンにします。

おもち
おもち

スイッチが青色になって『オン』と表示されればOK!

STEP3.NFT表示画面をひらこう

メタマスクをひらきなおして、画面中央にある『NFT』をクリック。

ウォレットが保有しているNFTが表示されました。

参考までに:メタマスクに表示されないNFTをインポートして表示させよう

メタマスクに表示されないNFTがある場合は、画面最下部にある『NFTをインポート』をクリック。

表示させたいNFTのコントラクトアドレスとトークンIDを入力していきましょう。

OpenSeaをひらいて表示させたいNFTの詳細ページをひらきます。

おもち
おもち

今回はCNPをつかって解説していくね!

詳細ページがひらいたら、画像の下にある『Details』の下向き矢印をクリック。

表示されたContract AddressとToken IDをそれぞれコピーしていきます。

ちなみに、コントラクトアドレスをクリックすると、イーサスキャンがひらくので、画面左上にある『Contract』のアドレスの右側にあるコピーマークをクリックしてください。

おもち
おもち

これでコントラクトアドレスがコピーできるよ!

メタマスクにもどって『アドレス』と『トークンID』に貼りつけます。

つづいて、トークンIDを入力していきます。

メタマスクの『トークンID』に貼りつけます。

すべて入力できたら『インポート』ボタンをクリック。

おもち
おもち

これでメタマスクにNFTを表示させることができるよ!

ABOUT ME
おもち
おもち
デザイナー
グラフィックデザイン4年。 2021年4月からNFTの世界へ。
TwitterとYouTubeにて初心者向けにNFT講座を発信。セミナー受講者400名以上。

NinjaDAOにて名誉職である『マスター忍者』に就任。日本を代表するNFTコレクション『CNP』のコントリビューター。
記事URLをコピーしました