ウォレットの作り方

Rabby(ラビ―)をChromeにインストールしてウォレットを作成する方法

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページではRabby(ラビー)をChromeにインストールしてウォレットを作成する方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
新しくウォレットをつくる方法と、既存のウォレットをインポートする方法があるよ!それぞれ解説していくね!

RabbyはDeBankが開発したWeb3ユーザー向けの拡張ウォレットです。

STEP1.Rabbyの公式サイトをひらこう

Rabbyの公式サイトをひらきましょう。

参考までに、DeBankの『Approval』画面にある『Get Rabby』ボタンからもRabbyの公式サイトがひらけます。

STEP2.RabbyをChromeにインストールしよう

サイトがひらいたら『Chrome』をクリック。

『Chromeに追加』ボタンをクリック。

『拡張機能を追加』ボタンをクリック。

これでRabbyをChromeにインストールすることができました。

STEP3.Rabbyの初期設定をしよう

画面右上にある『拡張機能』ボタンをクリックして『Rabby』を選択。

『Get Started』ボタンをクリック。

お好きなパスワードを入力して『Next』ボタンをクリック。

ウォレットで管理したいチェーンを選択。

チェーンが選択できたら『OK』ボタンをクリック。

STEP4.Rabbyウォレットを作成しよう

Rabbyウォレットを作成していきましょう。

  1. 新しくRabbyウォレットを作成する方法
  2. 既存のウォレットをインポートしてRabbyウォレットを作成する方法

それぞれ解説していきます。

おもち
おもち
メタマスクのウォレットをラビ―で管理したい人は②の方法でウォレットを作成してね!

新しくRabbyウォレットを作成する方法

まずは新しくRabbyウォレットを作成する方法から。

おもち
おもち
新しいウォレットが必要ない人はとばしてください!

Please add an address画面のしたの方にある『Create New Address』をクリック。

12個の英単語が表示されます。

こちらがウォレットの秘密鍵になりますので大切に保管してください。

こちらの秘密鍵は絶対に第3者に教えないでください。秘密鍵が流出すると資金を失うので要注意です!!

秘密鍵がメモできたら『Next』ボタンをクリック。

つづいて秘密鍵の確認をしていきましょう。

さきほどメモした秘密鍵の英単語を順番にクリックしてください。

すべてクリックしおわったら『Next』ボタンをクリック。

これで新しいウォレットを作成することができました。

えんぴつマークをクリックすると、ウォレットの名前を変更することができます。

おもち
おもち
わかりやすい名前に変更しておこう!

ウォレットの名前が変更できたら『OK』ボタンをクリック。

新しいRabbyウォレットの完成です!

既存のウォレットをインポートしてRabbyウォレットを作成する方法

Please add an address画面の下の方にある『Add Watch Mode Address』をクリック。

『Import via Mnemonic』からでも既存のウォレットをインポートできます。こちらからインポートするときはMetaMaskのシークレットリカバリーフレーズが必要です。

おもち
おもち
こんかいは簡単にインポートできる『Add Watch Mode Address』の方で解説していくね!

Watch Mode画面が表示されるので、ここにMetaMaskのウォレットアドレスを入力していきましょう。

MetaMaskのウォレットアドレスは、MetaMaskをひらいてウォレット名のしたにカーソルをもっていくと簡単にコピーすることができます。

MetaMaskのウォレットアドレスがコピペできたら『Next』ボタンをクリック。

ウォレットアドレスが表示されます。

自分のMetaMaskアドレスをみつけてチェックをいれたら『Next』ボタンをクリック。

これでMetaMaskでつかっていたウォレットをインポートすることができました。

えんぴつマークをクリックするとウォレットの名前を変更できます。

おもち
おもち
わかりやすい名前にかえておこう!

これで既存のウォレットをインポートしたRabbyウォレットを作成することができました。

参考までに:Rabbyウォレットの基本的な使い方

Rabbyのウォレットアドレスをコピーする方法

ウォレット画面左上にあるウォレット名をクリック。

表示されたウォレットアドレスにカーソルをもっていく。

コピーマークが表示されるので、そちらをクリック。

おもち
おもち
これでウォレットアドレスがコピーできるよ!

複数のRabbyウォレットを作成する方法

ウォレット画面左上にあるウォレット名をクリック。

『Add addresses』をクリック。

おもち
おもち
STEP4の方法で新しいウォレットがつくれるよ!

ウォレット名を変更する方法

ウォレット画面上にある情報マークをクリック。

えんぴつマークをクリック。

ウォレット名が変更できます。

その他

ウォレット画面右上にある『DeBank』マークをクリックすると、DeBankのプロフィールページをひらくことができます。

ウォレット画面右上にある『Etherscan』マークをクリックすると、Etherscanの履歴ページをひらくことができます。

『Send』をクリックすると、Rabbyウォレットから暗号資産を送金することができます。

『Transactions』をクリックすると、ウォレット内のトランザクション履歴が表示されます。

『Security』をクリックすると、トークンの承認管理ができます。

Approveしたままの暗号資産をRevoke(リボーク)する方法についてはこちらでくわしく解説しています。

さいごに

RabbyをChromeにインストールすると、ウォレットをつかうときにすべてRabbyをとおして実行されるようになります。

おもち
おもち
ラビーがつかいやすい!という方はそのままでOK!

『いつものMetaMaskがつかいやすい!』という方は、Rabbyの拡張機能を『オフ』にしましょう。

やり方は、

画面右上にある拡張機能マークをクリックして、Rabbyの右側にある『メニューマーク』をクリック。

『拡張機能を管理』をクリック。

オンの右側にあるスライドを左にずらします。

これでRabbyの拡張機能が『オフ』になりました。

拡張機能をひらくとRabbyが非表示になっているのがわかります。

リボークでRabbyをつかいたいときは、画面右上の拡張機能マークをクリック、『拡張機能を管理』を選択。

拡張機能の管理画面が表示されます。

Rabbyをみつけて右下にあるスライドを右にずらしましょう。

これでRabbyの拡張機能がオンになりました。

拡張機能をひらくとRabbyが表示されています。

おもち
おもち
つかいわけができるのは嬉しいね!

以上、Rabby(ラビー)をChromeにインストールしてウォレットを作成する方法についてでした。