ハッキング対策

【Rabby(ラビ―)】をつかってApproveしたままの暗号資産をRevoke(リボーク)する方法|MetaMask(メタマスク)ハッキング対策

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページではRabby(ラビー)をつかってApproveしたままになっている暗号資産をRevoke(リボーク)する方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
怪しいサイトからウォレットに接続できないようにしよう!

RabbyはDeBank(デバンク)が開発したWeb3ユーザー向けの拡張ウォレットです。

リボークするとき手数料(ガス代)がかかります!

RabbyをChromeにインストールしていない方はさきにこちらを済ませてからすすめてください。

おもち
おもち
メタマスクのウォレットをインポートする方法でRabbyウォレットを作成してね!

なお、ウォレットを作成したくない方は、イーサスキャンなどをつかってリボークする方法もあります。

イーサスキャンなどをつかったリボークのやり方はこちら

おもち
おもち
つかいやすい方でリボークしてみてね!

それでは解説していきます!

STEP1.Rabbyウォレットをひらこう

画面右上にある『拡張機能』ボタンをクリックして『Rabby』を選択。

パスワードを入力して『Unlock』ボタンをクリック。

STEP2.トークン承認管理画面(リボーク画面)をひらこう

ウォレット画面中央右にある『Security』をクリック。

『Token Approval』をクリック。

トークン承認管理画面がひらきました。

STEP3.Approveを取り消したい(リボークしたい)暗号資産を選択しよう

『On Ethereum』をクリック。

Approveを取り消したい暗号資産のチェーンを選択。

つづいてApproveを取り消したい暗号資産を選択。

『Unknown project』と表示されたものをクリック。

おもち
おもち
これなんだっけ?と思うものは消しておこう!

『Decline』ボタンをクリック。

STEP4.手数料(ガス代)を払ってリボークしよう

『gas cost(gwel)』でトランザクションの処理スピードを選択。

おもち
おもち
処理スピードによってガス代がかわるよ!

処理スピードが選択できたら『Sign』ボタンをクリック。

トランザクションが提出されました。

『Transaction completed』が表示されたらOKです!

これでApproveしたままの暗号資産をリボークすることができました。

STEP3~4をくりかえして、よくわからないApproveは取り消しておきましょう。

おもち
おもち
クリプト世界は危険がいっぱい!ハッキング被害からきちんと身を守ろう!!

以上、Rabby(ラビー)をつかってApproveしたままになっている暗号資産をRevoke(リボーク)する方法についてでした。