ハッキング対策

【Rabby(ラビ―)】をつかってRevoke(リボーク)する方法|Approve(アプルーブ)を取り消してハッキング対策をしよう

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページではRabby(ラビー)をつかってApprove(アプルーブ)したままになっている暗号資産やNFTコレクションをRevoke(リボーク)する方法についてわかりやすく解説していきます。

RabbyはDeBank(デバンク)が開発したWeb3ユーザー向けの拡張ウォレットです。

おもち
おもち
リボークするにはラビーウォレットが必要だよ!

Rabbyウォレットをダウンロードする方法こちら

ウォレットをつくりたくない方は、別のツールをつかってリボークする方法もあります。

Revoke.cashでリボークする方法

イーサスキャンでリボークする方法

おもち
おもち
つかいやすいところでリボークしてOK!

アプルーブとリボークについてはこちらのツイートをどうぞ。

リボークするたびにガス代(手数料)がかかります!

それでは解説していきます!

STEP1.Rabbyウォレットをひらこう

画面右上にある『拡張機能』ボタンをクリックして『Rabby』を選択。

パスワードを入力して『Unlock』ボタンをクリック。

STEP2.アプルーブしたままになっているトークンを表示しよう

ラビーウォレットがひらきました。

ウォレット画面中央右にある『Security』をクリック。

リボークしたいトークンをえらびます。

アプルーブしたままになっている暗号資産をリボークしたいときは『Token Approval』をクリック。

アプルーブしたままになっているNFTコレクションをリボークしたいときは『NFT Approval』をクリック。

こんかいはアプルーブしたままになっているNFTコレクションをリボークしていきます。

おもち
おもち
表示されているのがアプルーブしたままになっているNFTコレクションだよ!

STEP3.Revokeしたい(Approveを取り消したい)NFTコレクションを選択しよう

画面左上にある『On Ethereum』をクリックすると、ネットワークを切り替えることができます。

ポリゴンで取り引きされているNFTコレクションをリボークしたい場合は『Polygon』を選択してください。

おもち
おもち
今回はイーサリアムネットワークをつかってリボークしていくよ!

リボークしたいNFTコレクションのうえにカーソルをもっていくと『Decline』ボタンが表示されるので、そちらをクリック。

STEP4.ガス代(手数料)を払ってリボークしよう

リボークするのに必要なガス代が表示されるので、内容を確認して『Sign』ボタンをクリック。

トランザクションが提出されました。

『Transaction completed』が表示されたらリボーク完了です!

念のため、ウォレットをひらいて確認しておきましょう。

リボークしたNFTコレクションの表示が消えていればOKです!

アプルーブは定期的にみなおして、つかわないものはリボークしておきましょう。

おもち
おもち
ハッキング被害から身を守ろう!

以上、RabbyをつかってApproveしたままになっている暗号資産やNFTコレクションをRevokeする方法についてでした。