ハッキング対策

【Rabby(ラビ―)】をつかってRevoke(リボーク)する方法|Approve(アプルーブ)を取り消してハッキング対策をしよう

omochi

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページではRabby(ラビー)をつかってApprove(アプルーブ)したままになっている暗号資産やNFTコレクションをRevoke(リボーク)する方法についてわかりやすく解説していきます。

RabbyはDeBank(デバンク)が開発したWeb3ユーザー向けの拡張ウォレットです。

おもち
おもち

リボークするにはラビーウォレットが必要だよ!

Rabbyウォレットをダウンロードする方法

ウォレットをつくりたくない方は、別のツールをつかってリボークする方法もあります。

Revoke.cashでリボークする方法

アプルーブとリボークについてはこちらのツイートをどうぞ。

リボークするたびにガス代(手数料)がかかります!

それでは解説していきます!

STEP1.Rabbyウォレットをひらこう

画面右上にある『拡張機能』ボタンをクリックして『Rabby』を選択。

パスワードを入力して『Unlock』ボタンをクリック。

STEP2.アプルーブしたままになっているトークンを表示しよう

ラビーウォレットがひらきました。

ウォレット画面中央右にある『Security』をクリック。

リボークしたいトークンをえらびます。

アプルーブしたままになっている暗号資産をリボークしたいときは『Token Approval』をクリック。

アプルーブしたままになっているNFTコレクションをリボークしたいときは『NFT Approval』をクリック。

こんかいはアプルーブしたままになっているNFTコレクションをリボークしていきます。

おもち
おもち

表示されているのがアプルーブしたままになっているNFTコレクションだよ!

STEP3.Revokeしたい(Approveを取り消したい)NFTコレクションを選択しよう

画面左上にある『On Ethereum』をクリックすると、ネットワークを切り替えることができます。

ポリゴンで取り引きされているNFTコレクションをリボークしたい場合は『Polygon』を選択してください。

おもち
おもち

今回はイーサリアムネットワークをつかってリボークしていくよ!

リボークしたいNFTコレクションのうえにカーソルをもっていくと『Decline』ボタンが表示されるので、そちらをクリック。

STEP4.ガス代(手数料)を払ってリボークしよう

リボークするのに必要なガス代が表示されるので、内容を確認して『Sign』ボタンをクリック。

トランザクションが提出されました。

『Transaction completed』が表示されたらリボーク完了です!

念のため、ウォレットをひらいて確認しておきましょう。

リボークしたNFTコレクションの表示が消えていればOKです!

アプルーブは定期的にみなおして、つかわないものはリボークしておきましょう。

おもち
おもち

ハッキング被害から身を守ろう!

あわせて読みたい
【ハッキング対策】MetaMask(メタマスク)を新たにダウンロードして複数のウォレットを作成する方法
【ハッキング対策】MetaMask(メタマスク)を新たにダウンロードして複数のウォレットを作成する方法
受講者400名突破!

ハッキング対策セミナー

オンラインで学べるNFTハッキング対策セミナーです。『なぜNFTは盗まれるの?』『具体的にどんな対策をしたらいい?』におもちが答えます!

ABOUT ME
おもち
おもち
フリーランスデザイナー
ファッションデザイン分野10年。Kindleデザイン本売れ筋1位記録。セミナー受講者400名以上。

2021年4月からNFTの世界へ。TwitterとYouTubeにて初心者向けにNFT講座を発信。

10万人以上が参加するNinjaDAOにて名誉職である『マスター忍者』に就任。日本トップNFTコレクション『CryptoNinja Partners』のコントリビューター。

OpenSeaにてNFTコレクション『mitama』も展開中です!
記事URLをコピーしました