NFTお役立ち情報

独自トークンの作り方|Coinviseでオリジナルトークンを発行しよう!

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページではCoinviseで独自トークンを作る方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
とっても簡単にオリジナルトークンがつくれちゃうよ!

暗号資産とトークンのちがい

  • 暗号資産:独自のブロックチェーンをもっている
  • トークン:既存のブロックチェーン上につくられる

今回は既存のブロックチェーン上に独自トークンをつくっていこうと思います。

STEP1.COINVISEの公式サイトをひらこう

独自トークンが発行できるCOINVISEの公式サイトをひらきます。

サイトがひらいたら『CREATE TOKEN』ボタンをクリック。

STEP2.MetaMaskと接続しよう

『CONNECT WALLET』ボタンをクリック。

『MetaMask』を選択。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

『次へ』ボタンをクリック。

『接続』ボタンをクリック。

メッセージの内容を確認して『署名』ボタンをクリック。

メタマスク内のメッセージはコピペして『DeepL翻訳』などをつかって必ず内容を確認してください!

STEP3.トークンをつくる画面をひらこう

トップページがひらきました。

画面右上にある月マークをクリックすると、

画面の背景を変更することができます。

おもち
おもち
好きな方をつかってね!

画面中央にある『Create』をクリック。

トークンをつくる画面がひらきました。

STEP4.必要情報を入力しよう

『Name』はプロジェクトや自分の名前を入力。

『Symbol』はトークンの名前を入力。

おもち
おもち
トークンの名前はすべて大文字で表示されるよ!

『Supply』はトークンの供給量を入力。

単位をかえたい場合は『Million』の右側にある下矢印をクリック。

ここで単位がかえられます。

『Treasury』にはMetaMaskのアドレスを入力していきます。

MetaMaskをひらいたら、きつねマークの右側にある文字列を確認。

おもち
おもち
表示されているブロックチェーン上にトークンがつくられるよ!

イーサリアムブロックチェーン上にトークンをつくる場合は高額な手数料(ガス代)がかかります!ポリゴンチェーンをつかう場合はガス代がかかりません。

今回はポリゴンチェーン上でつくりたいので、きつねマークの右側の文字列が『Polygon PoS (Matic) Mainnet』になっていることを確認。

 画像ではネットワーク名が『Matic mainnet(旧名)』になっています!

アドレスにカーソルをもっていきクリックすると、アドレスがコピーできます。

COINVISEにもどり『Treasury』にアドレスをコピペしてください。

つづいて『Description』にはトークンの使い道をかんたんに記述。

すべて入力できたらチェックボックスにチェックをいれる。

『Create』ボタンをクリック。

もし画面左側にこのような表示がでてきたら、日にちや時間をかえて再挑戦してください。

おもち
おもち
ずっと進まないときもあれば数分ですすむときもあるよ!

また参考までに、イーサリアムブロックチェーン上に独自トークンをつくる場合はここで高額な手数料(ガス代)が発生します!

おもち
おもち
なんと!ガス代8万円!!

ポリゴンチェーン上に独自トークンをつくる場合、ガス代はかからず署名の要求が表示されるので、内容を下まで確認。

『署名』ボタンをクリック。

しばし待ちます。

この画面はのちほど使うので『×』で消さないでください!

これで独自トークンの完成です!

おもち
おもち
あっという間につくれちゃったね!

STEP5.独自トークンのコントラクトアドレスを手に入れよう

『View Transaction』をクリック。

『Token Tracker』に独自トークン名が表示されるので、そちらをクリック。

トークンの詳細ページがひらきました。

『Contract』に表示されているアドレスがトークンのコントラクトアドレスになります。

右側にあるコピーマークをクリック。

おもち
おもち
コントラクトアドレスはきちんとメモしておこう!

STEP6.MetaMaskで独自トークンを表示させよう

MetaMaskをひらいて下部にある『Import tokens』をクリック。

『トークンコントラクトアドレス』に、独自トークンのコントラクトアドレスをコピペします。

『トークンシンボル』と『トークンの10進数』は自動で表示されるのでそのまま『Add Custom Token』ボタンをクリック。

『Import Tokens』ボタンをクリック。

これでMetaMaskに独自トークンを表示させることができました。

おもち
おもち
わぁ~い!自分のトークンができちゃった!!

以上、Coinviseで独自トークンを作る方法についてでした。