NFTお役立ち情報

ENS(Ethereum Name Service)ドメインを取得してNFTアバターを設定しよう【初心者向け】わかりやすく解説!

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページではENS(Ethereum Name Service)ドメインの取得からNFTアバターを設定するまでの方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
『.eth』がつくドメインを取得できるよ!

ENSドメインを取得するまでには契約料を含めて合計3回、また取得したENSドメインにNFTアバターを設定するには1回の手数料(ガス代)がかかります。

ENS(Ethereum Name Service)ドメインを取得しよう

STEP1.ENS(Ethereum Name Service)をひらこう

まずはENS(Ethereum Name Service)公式サイトをひらきましょう。

ひらいたら画面左上にある『Connect』ボタンをクリック。

『MetaMask』を選択します。

おもち
おもち
メタマスクは『イーサリアムメインネット』に接続しておいてね!

画面左上が『Disconnect』になればOK!

STEP2.ほしいドメイン名を検索しよう

ほしいドメイン名を入力して『Search』ボタンをクリック。

おもち
おもち
『〇〇.eth』の『〇〇』部分を入力するよ!

取得可能なドメインの場合は『Available』と表示されます。

ドメイン名をクリックして手続きをすすめましょう。

ちなみに取得できないアドレスの場合は『Unavailable』と表示されます。

前の画面に戻って再度、ほしいドメイン名を検索してください。

STEP3.ドメインの契約年数をえらぼう

『year』のとなりにある『-』と『+』で契約年数を変更することができます。

おもち
おもち
今回は5年契約にしたよ!

契約年数がきまったら『Request To Register』ボタンをクリック。

STEP4.手数料(ガス代)を払ってドメインを取得しよう

1回目の手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

しばし待ちます。

『Register』ボタンが表示されたらそちらをクリック。

2回目の手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

しばし待ちます。

これでドメインが取得できました!

『Set As Primary ENS Name』ボタンが表示されたらそちらをクリック。

STEP5.取得したドメインとMetaMaskを紐づけよう

さいごに取得したドメインとメタマスクのアドレスを紐づけていきましょう。

『Select one of your ENS names』の右側にある下矢印をクリック。

取得したドメイン名を選択。

『Save』ボタンをクリック。

3回目の手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

これで取得したドメインとメタマスクのアドレスが紐づきました。

おもち
おもち
ドメイン取得完了です♪

ENSドメインにNFTアバターを設定しよう

つづいては取得したドメインにNFTアバターを設定していきましょう。

高い手数料(ガス代)がかかるので必要な人だけでOKです!

STEP1.取得したENSドメインの管理画面をひらこう

トップページ画面右上にある『My Account』をクリック。

取得したENSドメイン名をクリック。

ドメインの管理画面がひらきました。

STEP2. 取得したENSドメインの編集画面をひらこう

つづいて『ADD/EDIT RECORD』をクリック。

編集画面がひらきました。

ENSドメインに紐づけたい項目がある場合は、すべて入力していきましょう。

おもち
おもち
変更を保存するたびに高いガス代がかかるので1回で全部済ませちゃおう!

STEP3.NFTアバターの情報を入力しよう

NFTアバターの情報は『avatar』に入力していきます。

OpenSeaのNFT作品ページをひらいてください。

ひらいたら『Details』の右側にある下矢印をクリック。

Detailsの情報をつぎのルールどおりに入力していきます。

  1. 『eip155:1』→『eip155:1』
  2. 『NFT標準』→Detailsの『Tolen Standard』
  3. 『NFTコレクションの契約アドレス』→Detailsの『Contract Address』
  4. 『トークンIDまたはコレクション内の番号』→Detailsの『Token ID』

①『eip155:1』はそのまま入力。

②『NFT標準』はDetailsの『Token Standard』の文字を入力。

ERCを小文字にしてハイフンを削除。『erc721』または『erc1155』のどちらかを入力してください。

おもち
おもち
それ以外のERC規格の場合は今のところ登録できないよ!

③『NFTコレクションの契約アドレス』はDetailsの『Contract Address』を入力。

画面では省略されているので青色文字をクリックして、

Etherscanのコントラクトアドレスをコピぺしてください。

④『トークンIDまたはコレクション内の番号』にはDetailsの『Token ID』を入力。

画面では省略されていますが数字の上にカーソルをもっていくとコピーすることができます。

上記のNFT情報を『①/(半角スラッシュ)②:(半角コロン)③/(半角スラッシュ)④』の順にならべて『avatar』に入力してください。

NFT情報の形式が間違えていると赤文字で知らせてくれます!

おもち
おもち
スペースがはいっているだけでもうまくいかないよ!

NFT情報が正しく入力できると緑色のチェックマークがつきます。

チェックマークがついたら『Confirm』ボタンをクリック。

STEP4.手数料(ガス代)を払ってNFTアバターを設定しよう

つづけて『Confirm』ボタンをクリック。

手数料(ガス代)が表示されるので内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

これで設定は完了です!

STEP5.OpenSeaのメタデータを更新しよう

OpenSeaのトップページ画面右上にあるアイコンにカーソルをもっていき『profile』を選択。

取得したENSドメインをみつけてクリック。

ENSドメインのページをひらきます。

画面右にある『Refresh metadata』ボタンをクリック。

しばし待つとENSドメインの画像が、設定したNFTアバターにかわります。

おもち
おもち
これでドメインとNFTの紐づけ完了です!

以上、ENSドメインの取得からNFTアバターを設定するまでの方法についてでした。