NFTアートのつくりかた

【完全保存版】NFTアートに使えるフリー素材サイトまとめ

NFTアートに挑戦したい!けど、素材サイトからダウンロードした画像はつかっていいのかな?ライセンスとかよくわからないし、NFTアートにしてから問題がおきてもイヤだな。NFTアートにつかえる素材サイトがあるなら教えてください!

おもち
おもち
こんな疑問にお答えします!

NFTアートにつかえるかどうか素材サイト7社をしらべた結果、次の3パターンにわかれていました。

  • 画像を大幅に変更するなら使用可能
  • 画像のライセンスを購入するなら使用可能
  • 画像の使用不可

おもち
おもち
著作権フリーのサイトでも画像をそのままつかうことは認められていないんだね!

くわしく解説していきます。

NFTアートにつかえる素材サイト【画像を大幅に変更するなら使用可能】

まずは『画像を大幅に変更するなら使用可能』な素材サイトのご紹介です。

こちらの4つ。

それぞれのライセンスをさらっとみていきましょう。

Unsplash

Unsplashのライセンスページはこちら

ピンク枠でかこったところに『大幅な変更なしに販売してはいけません』と書いてあります。

おもち
おもち
念のためメールで問い合わせたら同じことをいわれたよ!

なお『大幅な変更ってどのくらい?』と思われたかたは、この記事のさいごにまとめたのでそちらをご覧ください。

BURST

BURSTのライセンスページはこちら

ピンク枠でかこったところに『大幅な変更なしに販売してはいけません』と書いてあります。

Pixabay

Pixabayのライセンスページはこちら

ピンク枠でかこったところに『大幅な変更なしに販売してはいけません』と書いてあります。

おもち
おもち
念のためメールで問い合わせたら同じことをいわれたよ!

Pexels

Pexelsのライセンスページはこちら

ピンク枠でかこったところに『大幅な変更なしに販売してはいけません』と書いてあります。

おもち
おもち
念のためメールで問い合わせたら同じことをいわれたよ!

著作権フリーの素材サイトでも、画像をそのままつかうことは認められていないので気をつけてくださいね!

NFTアートにつかえる素材サイト【ライセンスを購入するなら使用可能】

つづいて『ライセンスを購入するなら使用可能』な素材サイトのご紹介です。

こちらの2つ。

それぞれのライセンスをさらっとみていきましょう。

Adobe Stock

Adobe Stockのライセンスはつぎの3種類。

  • 通常ライセンス
  • 強化ライセンス
  • 拡張ライセンス

ライセンスによって許可されている内容がことなります。

NFTアートにつかう場合は『拡張ライセンス』を買う必要があります。

拡張ライセンスでできることはこんな感じ。

ピンク枠でかこったところに『アセット自体が中心価値となるような商品や製品を作成し、販売または配布できます』と書いてあります。

ただし画像をそのままつかうのではなく、あなたのオリジナル作品とかけあわせてつかってくださいね。

くわしくはAdobe Stockのライセンスページをご覧ください。

写真AC

写真ACには『エクストラライセンス』があります。

エクストラライセンスで許可されているのはこんな感じ。

エクストラライセンスを買えば、画像をメインコンテンツとして販売できます。

ただし画像をそのままつかうのではなく、あなたのオリジナル作品とかけあわせてつかってくださいね。

くわしくは写真ACのライセンスページをご覧ください。

NFTアートにつかえる素材サイト【画像の使用不可】

さいごに『画像の使用不可』な素材サイトのご紹介です。

  • Freepik

になります。

おもち
おもち
わたしが1番つかっているサイトだよ!

Freepik

Freepikのライセンスページはこちら

ピンク枠でかこったところに『ライセンスは当社にあります』と書いてあります。

念のためメールで問い合わせしてみたら

ご丁寧なお返事が。

かんたんにいうと

  • Freepikの画像をつかった作品はNFTアートに登録できません
  • Freepikはライセンスの販売をしていません

こんな感じ。

Freepikの画像はNFTアートには一切つかえないので注意してくださいね!

参考までに:画像が使用可能になる大幅な変更はどのくらい?

つかってもいい画像があることはわかった!けど画像がつかえるようになる大幅な変更ってどのくらいなの??

そんな疑問をもたれた方もいるはず。

こちらはPexelsからいただいた返信内容です。

日本語バージョンがこちら。

上記を参考に、こちらの画像をつかって使用NGと使用OKな場合について解説していきます。

NFTアートにつかえないフリー素材の加工例

NFTアートに使えないフリー素材の加工例①

画像をトリミングしただけ、縮小しただけ、色を変更しただけでは使用できません。

NFTアートに使えないフリー素材の加工例②

画像に文字を重ねただけ、別の画像と合成しただけでは使用できません。

NFTアートにつかえるフリー素材の加工例

NFTアートに使えるフリー素材の加工例

画像はタイポグラフィやグラフィック要素としてなら使用することができます。

ポイントは

  • その画像を撮影した写真家が『自分の写真である』とかんたんには気づかないこと
  • 自分の創造的な作品であると胸をはっていえること

になるのかなと。

参考までにUnsplashのこちらのページでもくわしく解説されていました。

もし心配な方は、画像をダウンロードしたサイトに直接きいてみるといいかもしれません。

おもち
おもち
わたしもいくつか問い合せしてみたけど、どこも丁寧に教えてくれたよ!

以上、NFTアートにつかえる素材サイトについてのまとめでした。

超初心者向け【NFTアートの作り方】はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です