NFTお役立ち情報

【OpenSea】エアドロされたNFTアートがいらないときの対処法

OpenSeaのプロフィール画面に知らないNFTアートが表示されている!しかも自分の好きなテイストじゃない!このまま表示されつづけるのイヤだなぁ…。いらないNFTアートって一体どうしたらいいんだろう?

おもち
おもち
こんな疑問にお答えします!

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページではOpenSeaでエアドロされたNFTアートがいらないときの対処法についてわかりやすく解説していきます。

おすすめな対処法

  1. 非表示にする
  2. バーンアドレスに送る

『①非表示にする』は簡単なので手間をかけたくない方におすすめです。

『②バーンアドレスに送る』はひと手間かかったとしても自分のウォレットに置いておきたくない!という方におすすめです。

なお、イーサリアムをつかって送られてきたNFTアートについては、自分のウォレットに置いておきたくない方も『①非表示にする』をおすすめします。

イーサリアムで『②バーンアドレスに送る』をすると1万円弱ほどのガス代がかかるので要注意です!

おもち
おもち
勝手におくられてきたいらないものに1万円はかけたくないよね!

ちなみにどのブロックチェーンがつかわれているかは、NFTアートの下部分をみるとわかります。

ポリゴンがつかわれている場合のみNFTアートの下部分にポリゴンのマークが表示されます。

おもち
おもち
表示されていなければイーサリアムがつかわれているってことだね!

それでは解説していきます。

いらないNFTアートを非表示にする方法

まずはいらないNFTアートを非表示にする方法から。

STEP1.プロフィール画面をひらこう

OpenSeaで自分のプロフィール画面をひらきましょう。

STEP2.NFTアートのオプションをひらこう

いらないNFTアートの左下にある『…』をクリック。

STEP3.NFTアートを非表示しよう

オプションメニューから『Hide』を選択。

画面右下に表示される『Hide』ボタンをクリック。

これで非表示完了です!

STEP4.プロフィール画面を確認しよう

プロフィール画面をひらき、いらないNFTアートが表示されていなければOK!

おもち
おもち
とっても簡単だね!

【おまけ】非表示したNFTアートを表示させる方法

非表示したNFTアートをふたたび表示させる方法についても解説しておきます。

プロフィール画面をひらいて『Hidden』をクリック。

表示させたいNFTアートの左下にある『…』をクリック。

オプションメニューから『Unhide』を選択。

画面右下に表示される『Unhide』ボタンをクリック。

おもち
おもち
これで非表示していたものを表示させることができるよ!

いらないNFTアートをバーンアドレスに送る方法

つづいては、いらないNFTアートをバーンアドレスに送る方法についてです。

おもち
おもち
ポリゴン版で解説していきます!

イーサリアム版NFTの場合もガス代はかかりますがやり方はおなじです。

STEP1.バーンアドレスをコピーしよう

OpenSeaのバーンアドレスのページをひらきましょう。

『BurnAddress』の下にあるウォレットアドレスにカーソルをもっていき『Copy』が表示されたらクリック。

おもち
おもち
これでバーンアドレスがコピーできたよ!

STEP2.いらないNFTアートのページをひらこう

つづいていらないNFTアートのページをひらきましょう。

STEP3.Transferでバーンアドレスを入力しよう

画面右上にある『Transfer』ボタンをクリック。

さきほどコピーしたバーンアドレスを入力してください。

バーンアドレスが入力できたら『Transfer』ボタンをクリック。

STEP4.メタマスクで署名してTransferしよう

つづけて『Transfer』ボタンをクリック。

メタマスクから署名がもとめられます。

内容を確認して『署名』ボタンをクリック。

『Your transfer is processing!』は処理中なのでしばし待ちます。

おもち
おもち
『Your transfer is processed!』になれば処理完了です!

いらない作品のオーナーの名前が『BurnAddress』に変更されていればOK!

おもち
おもち
これでプロフィール画面がすっきりするね!

以上、OpenSeaでエアドロされたNFTアートがいらないときの対処法についてでした。