仮想通貨/暗号資産

Orbiter Finance(オービターファイナンス)の使い方|異なるチェーン間のブリッジに便利!

omochi

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

こちらのページでは、異なるチェーン間で通貨の交換(ブリッジ)ができる『Orbiter Finance(オービターファイナンス)』の使い方についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち

他のブリッジとくらべて、着金スピードが速く、ガス代も安いのが特徴だよ!

STEP1.Orbiter Financeをひらいてメタマスクを接続しよう

Orbiter Finance(オービターファイナンス)をひらきます。

サイトがひらいたら、画面右上にある『Connect a Wallet』ボタンをクリック。

MetaMaskの右側にある『Connect』ボタンをクリック。

接続先URLが『https://www.orbiter.finance』となっていることを確認してから『次へ』ボタンをクリック。

こちらも接続先URLが『https://www.orbiter.finance』となっていることを確認してから『接続』ボタンをクリック。

メタマスクが接続できました。

STEP2.送金元と送金先のネットワーク(ブロックチェーン)をえらぼう

まずは『Sender』が選択されていることを確認してください。

はじめに送金元となるネットワーク(ブロックチェーン)をえらんでいきましょう。

上段に表示されているネットワークの右側にある下向き矢印をクリック。

送金元となるネットワークを選択。

おもち
おもち

例えば『Baseチェーン』から『Ethereumチェーン』に送金したい場合、ここでは『Base』を選択するよ!

つづいて、送金先ネットワークをえらんでいきます。

下段に表示されているネットワークの右側にある下向き矢印をクリック。

送金先となるネットワークを選択。

おもち
おもち

例えば『Baseチェーン』から『Ethereumチェーン』に送金したい場合、ここでは『Ethereum』を選択するよ!

これでネットワークが指定できました。

STEP3.交換したい数量を入力しよう

つぎは交換(送金)したい数量を入力していきましょう。

上段の送金元の方に、交換したい数量を入力。

おもち
おもち

すべて交換したい場合は『MAX』をクリックしてね!

数量が入力できたら『SEND』ボタンをクリック。

STEP4.手数料(ガス代)を払って送金しよう

交換にかかるガス代と受け取り数量が表示されるので内容を確認。

確認できたら『CONFIRM AND SEND』ボタンをクリック。

内容を確認して『確認』ボタンをクリック。

トランザクションを処理している間は『Processing』と表示されます。

おもち
おもち

しばし、待とう!

『Completed』と表示されたらOKです!

STEP5.メタマスクをひらいて交換できたか確認しよう

メタマスクをひらいて、交換した分の数量がきちんと表示されているか確認しましょう。

おもち
おもち

ネットワークを切り替えて確認してね!

交換したはずの通貨がメタマスクに表示されない場合は、こちらを参考にトークンをインポートしてください。

あわせて読みたい
MetaMask(メタマスク)で暗号資産が表示されないときの対処法|トークンをインポートしよう
MetaMask(メタマスク)で暗号資産が表示されないときの対処法|トークンをインポートしよう
ABOUT ME
おもち
おもち
デザイナー
グラフィックデザイン4年。 2021年4月からNFTの世界へ。
TwitterとYouTubeにて初心者向けにNFT講座を発信。セミナー受講者400名以上。

NinjaDAOにて名誉職である『マスター忍者』に就任。日本を代表するNFTコレクション『CNP』のコントリビューター。
記事URLをコピーしました