NFTの始め方

Polygon(ポリゴン)の始め方を初心者向けに徹底解説!

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページではPolygon(ポリゴン)の始め方について初心者向けにわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
ポリゴンはイーサリアムにくらべてガス代がかなり安いのが特徴だよ!

Polygon(ポリゴン)の始め方おすすめ4選

ポリゴンはいろいろなルートからはじめることができます。

ここでは初心者の方向けに4つの方法をご紹介!

Polygonの始め方おすすめ4選

  1. OpenSeaではじめる
  2. イーサリアムメインネットではじめる
  3. ポリゴンメインネットではじめる
  4. バイナンススマートチェーンではじめる

こんな感じ。

おもち
おもち
それぞれメリットとデメリットがあるよ!

かんたんに解説していきます。

OpenSeaではじめる手順

  1. 口座を開設する
  2. ウォレットを作成する
  3. OpenSeaでアカウント設定をする
  4. ETH(イーサ)を買う
  5. ウォレットへ送金する
  6. OpenSeaで紫色イーサと交換する
  7. 紫色イーサを交換してMATICを手に入れる

MATIC(マティック)とはポリゴンチェーン専用の通貨です。

OpenSeaではじめる方法が1番かんたんで早いです!

おもち
おもち
初心者におすすめ!

デメリットはMATIC(マティック)がすぐに手に入らないことです。

ただし、OpenSeaでポリゴン版のNFTを購入するだけなら、MATICはいらないので手に入れなくても大丈夫です。

おもち
おもち
MATICを手に入れる方法も、きちんと解説するよ!

イーサリアムメインネットではじめる手順

  1. 口座を開設する
  2. ウォレットを作成する
  3. ETH(イーサ)を買う
  4. ウォレットへ送金する
  5. イーサリアムからポリゴンにイーサを送金する
  6. 送金が完了したら少額のMATICが手にはいる

イーサリアムメインネットではじめる方法も、比較的かんたんです。

デメリットは、サービスの不具合によって一時的に送金ができないときがあること。

おもち
おもち
送金できないときはあきらめて、べつの方法をためしてみよう!

ポリゴンメインネットではじめる手順

  1. ウォレットを作成する
  2. JPYC(日本円ステーブルコイン)を購入する
  3. JPYCを交換してポリゴン版イーサとMATICを手に入れる

ポリゴンメインネットではじめるメリットは、比較的かんたんであること、手数料(ガス代)が安いことがあげられます。

デメリットはJPYCが1万円以上からでないと購入できないことです。

おもち
おもち
JPYCを購入すると少額のMATICが無料でもらえるよ!

バイナンススマートチェーンではじめる手順

  1. 口座を開設する
  2. ウォレットを作成する
  3. バイナンスに通貨を送金する
  4. MATICを購入する
  5. バイナンスからポリゴンにMATICを送金する
  6. MATICを交換してポリゴン版ETHを手に入れる

バイナンススマートチェーンではじめるメリットとしては、バイナンスをすでにつかっている人ならとても簡単であること、手数料(ガス代)が安いことがあげられます。

おもち
おもち
バイナンスをつかったことがない人には、なかなか大変かもです!

デメリットはネットワークの混雑具合によって、送金がストップされているときがあることです。

それぞれ解説するので、お好きな方法で挑戦してください!

MetaMask(メタマスク)をポリゴンメインネットに接続しよう

まずは下準備として、メタマスクをポリゴンメインネットに接続しておきましょう。

メタマスクをダウンロードする方法はこちら

メタマスクは、メタマスク内でネットワーク(イーサリアム/ポリゴン/バイナンススマートチェーンなど)を切り替えることができます。

メタマスクの初期設定では『イーサリアムメインネット』に接続されています。

この接続のままではポリゴンを利用することができないので、メタマスクとポリゴンメインネットを接続していきましょう。

くわしいやり方はこちらをどうぞ。

OpenSeaでPolygonをはじめよう

まずはOpenSeaでポリゴンをはじめる方法から。

黒色イーサから紫色イーサに変換していきます。

くわしくはこちらをどうぞ。

紫色イーサを手に入れたら、少額のMATICを手に入れておきましょう。

おもち
おもち
MATICがないとポリゴンチェーンがつかえないんだ!

OpenSeaでポリゴン版のNFTを購入するだけならMATICは必要ありません。

ポリゴンチェーンをつかって通貨を交換するとき、ガス代(手数料)としてMATICが必要なのですが、はじめてのときはMATICを持っていません。

そんなときは、ガス代なしでスワップできる『DFYN』がおすすめです。

『DFYN』で交換するときは、

  1. ガスレスモードをONにする
  2. 上側の通貨を『WETH』にする
  3. 下側の通貨を『MATIC』にする

こちらを参考に交換してください。

おもち
おもち
はじめは5~10MATICほどあればOKだよ!

くわしい使い方は、こちらをどうぞ。

イーサリアムメインネットでPolygonをはじめよう

つぎは、イーサリアムメインネットをつかってポリゴンをはじめる方法です。

こんかいは『EVODeFi』というクロスチェーンブリッジをつかって、イーサリアムチェーンからポリゴンチェーンにイーサを送金することで、少額のMATICを手に入れていきます。

おもち
おもち
ブリッジ系のサービスをつかうと、初回にMATICをもらえることがあるんだ!

くわしいやり方は、こちらにまとめました。

ポリゴンメインネットでPolygonをはじめよう

つづいてはポリゴンメインネットでポリゴンをはじめる方法について解説します。

まずは、JPYC(日本円ステーブルコイン)を購入していきましょう。

おもち
おもち
ステーブルコインとは価格が安定している暗号資産のことだよ!

JPYCの購入方法はこちらにまとめてあります。

送信先ネットワークは必ず『Polygon(Matic)メインネット』にしてください!

ポリゴンメインネットに接続されたメタマスクにJPYCが送金できたら、さっそくMATICとポリゴン版ETHを手に入れにいきましょう。

おもち
おもち
ポリゴンのガス代はすべてMATICで払うのでMATICがないと何もできないんだ!

JPYCが送金されると共に、0.1MATICがプレゼントとしてもらえているはずです。

その0.1MATICをつかって、DEX(分散型取引所)で通貨を交換していきます。

JPYCを扱っているDEXは『Quickswap』や『SushiSwap』です。

『Quickswap』はJPYCの流動性が十分でないときがあるので、ここでは『SushiSwap』をつかっていきます。

SushiSwapをつかうときの注意点はつぎの3つ。

つかうネットワークは必ず『ポリゴン』を選択してください。

MATICを手に入れたいときは、上側を『JPYC』、下側を『MATIC』に指定してから交換しましょう。

おもち
おもち
ポリゴンはガス代が安いので、5~10MATICほどあればOK!

かならず先にMATICを手に入れてください!MATICがなくなると、通貨の交換ができないので注意です!

ポリゴン版ETHを手に入れたいときは、上側を『JPYC』、下側を『WETH』に指定してから交換しましょう。

おもち
おもち
ポリゴン版ETHは『WETH』と表示されるよ!

SushiSwapのくわしい使い方については、こちらで解説しています。

交換できたらメタマスクをひらいて通貨がきちんとはいっているか確認しましょう。

おもち
おもち
これでポリゴンがつかえるよ!

バイナンススマートチェーンでPolygonをはじめよう

さいごにバイナンススマートチェーンでポリゴンをはじめる方法について解説します。

さきにこちらをすませてください。

暗号資産は『BTC(ビットコイン)』または『ETH(イーサ)』を買ってください。

バイナンスに暗号資産が送金できたら『BNB』と『MATIC』を手に入れていきましょう。

おもち
おもち
BNBは数百円ほど手に入れればOK!

バイナンスで暗号資産をトレードする方法についてはこちらをどうぞ。

通貨が手に入ったら、ポリゴンメインネットに接続されたメタマスクにMATICを送金していきます。

バイナンスでMATICを送金するときは、

  • 通貨:MATIC
  • アドレス:メタマスクのウォレットアドレス
  • ネットワーク:MATIC Polygon

画像のように指定してください。

ネットワークをまちがえると資金を失うので要注意です!

おもち
おもち
ネットワークが混雑しているときは送金自体がストップされることもあるよ!

くわしいやり方については、こちらで解説しています。

送金できたらポリゴン版ETHを手に入れにいきましょう。

通貨を交換する方法はこちらでくわしく解説しています!

交換できたらメタマスクをひらいて通貨がきちんとはいっているか確認してください。

以上、Polygon(ポリゴン)の始め方についてでした。

ポリゴン版のNFTを購入する方法はこちら