NFTの作り方

Polygon(ポリゴン)の始め方を初心者向けに徹底解説!

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページではPolygon(ポリゴン)の始め方について初心者向けにわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
ポリゴンはイーサリアムにくらべてガス代がかなり安いのが特徴だよ!

Polygon(ポリゴン)の始め方

Polygonをはじめるには、つぎの4つのやり方があります。

  • OpenSea経由ではじめる
  • ポリゴンメインネット経由ではじめる
  • イーサリアムメインネット経由ではじめる
  • バイナンススマートチェーン経由ではじめる

それぞれの手順概要とメリット/デメリットはつぎのとおり。

OpenSea経由の手順概要

  1. 口座を開設する
  2. ウォレットを作成する
  3. OpenSeaでアカウント設定をする
  4. イーサ(ETH)を買う
  5. ウォレットへ送金する
  6. OpenSeaでポリゴン版イーサと交換する
  7. NFTを買う

OpenSea経由でやるメリットとしては、比較的かんたんな方法であることがあげられます。

デメリットは手数料(ガス代)が高いことです。

おもち
おもち
ガス代が高くても簡単なやり方がイイ人におすすめです!

ポリゴンメインネット経由の手順概要

  1. JPYC(日本円ステーブルコイン)を購入する
  2. JPYCをスワップ(交換)してMATICやETHを手に入れる

ポリゴンメインネット経由でやるメリットとしては、比較的かんたんな方法であることと、手数料(ガス代)が安いことがあげられます。

デメリットはJPYCが1万円以上からでないと購入できないことと、JPYCの流動性によっては他の暗号資産との交換ができないときがあることです。

おもち
おもち
1万円くらいはウォレットに入れておいた方が安心な気もするよ!

イーサリアムメインネット経由の手順概要

  1. 口座を開設する
  2. ウォレットを作成する
  3. OpenSeaでアカウント設定をする
  4. イーサ(ETH)を買う
  5. ウォレットへ送金する
  6. ポリゴンにメタマスクを接続する
  7. ポリゴンに暗号資産を送金する
  8. 暗号資産をスワップ(交換)してMATICやETHを手に入れる

OpenSeaを経由する方法の正規版のやり方になります。

デメリットは複雑で、手数料(ガス代)が高いことです。

おもち
おもち
OpenSeaを経由したくない人向けのやり方です!

バイナンススマートチェーン経由の手順概要

  1. バイナンスに暗号資産を送金する
  2. バイナンスからポリゴンに暗号資産を送金する
  3. 暗号資産をスワップ(交換)してMATICを手に入れる

バイナンススマートチェーン経由でやるメリットとしては、バイナンスをすでにつかっている人ならとても簡単であることと、手数料(ガス代)が安いことがあげられます。

デメリットはバイナンスをつかったことがない人には手間がかかること、またネットワークの混雑具合によっては送金がストップされているときがあることです。

おもち
おもち
バイナンスの口座開設が終わってしまえば簡単だよ!

それぞれ解説するので、お好きな方法で挑戦してみてください!

はじめに:MetaMask(メタマスク)をPolygon PoS (Matic) Mainnetに接続しよう

まずは下準備として、メタマスクをポリゴンメインネットに接続しておきましょう。

メタマスクは、メタマスク内でネットワークを切り替えることでイロイロなプラットフォームに対応しています。

おもち
おもち
接続を切り替えることでイロイロなプラットフォームがつかえるんだよ!

メタマスクの初期設定では『イーサリアムメインネット』に接続されています。

この接続のままではポリゴンを利用することができないので、メタマスクと『Polygon PoS (Matic) Mainnet』を接続していきましょう。

くわしいやり方はこちらをどうぞ。

それでは順番に解説していきます!

OpenSea経由でPolygonをはじめよう

まずはOpenSea経由でポリゴンをはじめる方法から。

こちらの方法については別記事でくわしく解説しています。

おもち
おもち
手数料は高いけど初心者にはおすすめの方法だよ!

ポリゴンメインネット経由でPolygonをはじめよう

つづいてはポリゴンメインネット経由でポリゴンをはじめる方法について解説します。

JPYC(日本円ステーブルコイン)を購入していきましょう。

おもち
おもち
ステーブルコインとは価格が安定している暗号資産のことだよ!

くわしい購入方法はこちらにまとめてあります。

送信先ネットワークは必ず『Polygon(Matic)メインネット』にしてください!

ポリゴンメインネットに接続されたメタマスクにJPYCが送金されたら、さっそくMATICを手に入れにいきましょう。

おもち
おもち
ポリゴンのガス代はすべてMATICで払うのでMATICがないと何もできないんだ!

JPYCが送金されると共に0.1MATICがプレゼントとしてもらえているはずです。

その0.1MATICをつかって、DEX(分散型取引所)で少額のMATICをスワップ(交換)していきます。

JPYCを扱っているDEXは『Quickswap』や『SushiSwap』などです。

『Quickswap』はJPYCの流動性が十分でないときがあるので、こんかいは『SushiSwap』をつかっていきましょう。

SushiSwapのくわしい使い方については、こちらで解説しています。

下の3つの注意点を参考にはじめてください!

SushiSwapをつかうときの注意点。

スワップでつかうネットワークは必ず『ポリゴン』を選択してください。

JPYCとMATICをスワップするときは、この画像の並び順で通貨を選択してください。

おもち
おもち
ポリゴンはガス代が安いので、はじめは5~10MATICほどあればOKです!

かならず先にMATICを手に入れるようにしましょう!

OpenSeaでつかえるポリゴン版イーサを手に入れたい場合は、この画像の並び順で通貨を選択してください。

おもち
おもち
ポリゴン版イーサは『WETH』という通貨になるよ!

スワップがおわったらメタマスクをひらいて暗号資産がきちんとはいっているか確認しましょう。

これでポリゴンがつかえるようになりました!

イーサリアムメインネット経由でPolygonをはじめよう

つづいてはイーサリアムメインネット経由でポリゴンをはじめる方法について解説します。

STEP1.メタマスクに暗号資産を送金しよう

イーサリアムメインネットに接続されたメタマスクに暗号資産があるかどうか確認しましょう。

おもち
おもち
ガス代分のETHは多めに(5,000円ほど)もっておこう!

まだメタマスクに暗号資産が入っていない方は、つぎの手順でメタマスクに暗号資産を送金してください。

初心者の方はつかいやすいETHを購入してメタマスクに送金しましょう!

STEP2.Polygon(ポリゴン)にMetaMaskを接続しよう

ポリゴンの公式サイトをひらきます。

トップページ画面上にある『Use Polygon』にカーソルをもっていき、表示された『PoS Wallet』をクリック。

『Metamask』を選択します。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

メタマスクがひらいたら『次へ』ボタンをクリック。

『接続』ボタンをクリック。

さいごに『署名』ボタンをクリック。

これでポリゴンにメタマスクが接続できました。

画面右上が、きつねマークと文字列に変更されていればOKです!

念のため、メタマスクでも確認してみましょう。

きつねマークの右側の文字列を『Polygon PoS (Matic) Mainnet』に変更して『接続済み』と表示されていたらOKです!

画像ではネットワーク名が『Matic mainnet(旧名)』になっています!

STEP3.MetaMaskからPolygonに暗号資産を送金しよう

Polygon Walletをひらこう

こちらのページにある『Polygon Wallet』をクリック。

送金したい暗号資産をえらぼう

ポリゴンに送金したい暗号資産をみつけます。

今回はUSDCを送金したいので、USDCの『Deposit』をクリック。

おもち
おもち
イーサを送りたいときは『Ether(Pos-WETH)』の『Deposit』をクリック!

『Ether(Plasma-WETH)』は送金するのに時間がかかるので『Ether(Pos-WETH) 』を選ぶようにしましょう!

送金したい価格を入力しよう

送金したい価格を入力します。

おもち
おもち
自分が送金したい暗号資産の単位になっているか確認してね!

価格が入力できたら『Transfer』ボタンをクリック。

つづけて『Continue』ボタンをクリック。

Approve Depositの手数料(ガス代)を払おう

送金するときに発生する2種類の手数料(ガス代)が表示されるので、内容を確認して『Continue』ボタンをクリック。

おもち
おもち
おおよその価格なので、タイミングによってかわるよ!

『Continue』ボタンをクリック。

もし『Please select Ethereum Network in your Metamask』と表示された場合は、メタマスクの接続を『イーサリアムメインネット』に切り替えてください。

手数料(ガス代)が表示されるので、内容を確認して 『確認』ボタンをクリック。

通常は自動で次に進むのですが、人によっては10分以上待ってもくるくるしたままの場合があるかもしれません。

おもち
おもち
私がそうでした!

そういうときは文字の下にある『View on Etherscan』をクリック。

EtherscanのStatusが『Success』になっていれば大丈夫です!

いちど『×』をクリックしてくるくるの表示画面をとじ、手順3-2からやり直しましょう。

おもち
おもち
ガス代の1つはすでに払っており2重にとられることはなかったので安心してください!

2種類目の手数料(ガス代)を払って送金を完了させましょう。

『continue』ボタンをクリック。

Complete Depositの手数料(ガス代)を払おう

『continue』ボタンをクリック。

手数料(ガス代)が表示されるので、内容を確認して 『確認』ボタンをクリック。

数分待ちます。

10分以上待ってもくるくるしたまま画面が進まない場合は『View on Etherscan』をクリックして状況を確認しましょう。

EtherscanのStatusが『Success』になっていれば大丈夫です!

いちど『×』をクリックしてくるくるの表示画面をとじ、手順3-2からやり直しましょう。

おもち
おもち
私の場合はガス代を2重にとられることはなかったです!

『Confirmed』にチェックがつきました。

さらに待ちます。

10分以上待っても 画面が進まない場合は『View on Etherscan』をクリックして状況を確認しましょう。

EtherscanのStatusが『Success』になっていれば大丈夫です!

いちど『×』をクリックしてくるくるの表示画面をとじ、手順3-2からやり直しましょう。

おもち
おもち
繰り返しになるけど、ガス代を2重にとられることはなかったよ!

『Completed』にチェックが表示されたら完了です!

『×』をクリックして『Transfer Completed』の表示画面をとじましょう。

おもち
おもち
これで送金完了だよ!

これでポリゴンがつかえるようになりました。ただし、ガス代で支払うMATICをもっていないので何もできません。

すぐにMATICを手に入れにいきましょう。

おもち
おもち
ポリゴンのガス代はすべてMATICで払うのでMATICがないと何もできないよ!

MATICを手に入れよう

ポリゴンメインネットに接続されたメタマスクに暗号資産が送金できたら、すぐにMATICを手に入れにいきましょう。

ポリゴンブリッジをはじめてとおるとき0.001MATICもらえることがあるのですが、スワップするのに足りない場合があるので、ひとまず『Dfyn』のガスレスモードでスワップしていきます。

ガス代がかからずスワップできる貴重な場所なので、ここで少額の『MATIC』を手に入れてください。

おもち
おもち
はじめは5~10MATICほどあればOK!

くわしいやり方はこちらで解説しています。

下の注意点を参考にしてください!

ETHをスワップしてMATICを手に入れる場合は、

この画像の並び順で通貨を選択してください。

おもち
おもち
ポリゴン版ETHは『WETH』という暗号資産になるよ!

スワップがおわったらメタマスクをひらいて暗号資産がきちんとはいっているか確認しましょう。

これでポリゴンがつかえるようになりました!

バイナンススマートチェーン経由でPolygonをはじめよう

さいごにバイナンススマートチェーン経由でポリゴンをはじめる方法について解説します。

STEP1.メタマスクに暗号資産を送金しよう

バイナンスに暗号資産があるかどうか確認しましょう。

バイナンスに暗号資産がない方は、つぎの手順でバイナンスに暗号資産を送金してください。

初心者の方はつかいやすいBTCまたはETHを購入してバイナンスに送金しましょう!

バイナンスに暗号資産が送金できたら、その暗号資産をトレードして『BNB』と『MATIC』を手に入れていきます。

BNBは、バイナンスからポリゴンに暗号資産を送金するときの手数料(ガス代)としてつかうだけなので少額でOK!

MATICは、ポリゴンをつかうときの手数料(ガス代)に必要なのと、ポリゴンでべつの通貨にスワップ(交換)することができるので、多めに手に入れておきましょう。

バイナンスで暗号資産をトレードする方法についてはこちらをどうぞ。

STEP2.バイナンスからポリゴンに暗号資産を送金しよう

バイナンスからポリゴンネットワークに接続されたメタマスクにMATICを送金していきましょう。

くわしいやり方については、こちらで解説しています。

下の注意点を参考にしてください!

MATICを送金するときは、

  • 通貨:MATIC
  • アドレス:メタマスクのウォレットアドレス
  • ネットワーク:MATIC Polygon

画像のような設定にしてください。

ネットワークをまちがえると資金を失うので要注意です!

おもち
おもち
ネットワークが混雑しているときは送金自体がストップされることもあるよ!

送金が完了したらポリゴンがつかえるようになります。

MATICを必要な通貨とスワップ(交換)してポリゴンをはじめましょう。

暗号資産のスワップは、ポリゴン系DEX(分散型取引所)で人気のある『Quickswap』がおすすめです!

スワップがおわったらメタマスクをひらいて暗号資産がきちんとはいっているか確認しましょう。

以上、Polygon(ポリゴン)の始め方についてでした。

おもち
おもち
大変おつかれさまでした!楽しいポリゴンライフを!