DeFiの始め方

MetaMask(メタマスク)をBSC(バイナンススマートチェーン)に接続する方法|画像つきで丁寧に解説!

こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。

このページではMetaMask(メタマスク)をBSC(Binance Smart Chain:バイナンススマートチェーン)に接続する方法についてわかりやすく解説していきます。

おもち
おもち
メタマスクの初期設定ではイーサリアムに接続されているよ!

メタマスクがまだパソコンにインストールされていない方はこちらのページを参考にインストールを済ませておいてください。

STEP1.MetaMask(メタマスク)をひらこう

まずはMetaMask(メタマスク)をひらきましょう。

パソコンの画面右上にある拡張機能マークをクリックして『MetaMask』を選択します。

パスワードを入力して『ロック解除』ボタンをクリック。

STEP2.ネットワークを追加しよう

メタマスクがひらいたら右上にあるマークをクリック。

つづけて『設定』をクリック。

さらに『ネットワーク』をクリック。

さいごに『ネットワークの追加』ボタンをクリックします。

STEP3.ネットワークの情報を入力しよう

つぎはネットワークの情報を入力していきます。

画像とまったく同じ文字列を入力してください。

  • ネットワーク名:Binance Smart Chain
  • 新規RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org
  • チェーンID:56
  • 通貨記号:BNB
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://bscscan.com

すべて入力できたら『保存』ボタンをクリック。

STEP4.ネットワークを確認しよう

STEP2のやり方でネットワークを表示してください。

ネットワークのなかに『Binance Smart Chain』が表示されていればOKです!

ちなみにメタマスクがいまどのチェーンと接続されているかはキツネマークの右側にある文字列で確認できます。

画像では『Binance Smart Chain』となっているので、いまメタマスクはBSCと接続されている状態です。

イーサリアムと接続しなおしたい場合は『Binance Smart Chain』右側にある下矢印をクリックして『イーサリアムメインネット』を選択してください。

接続チェーンをまちがえて送金すると資産を失ってしまうので要注意です!

『DeFiの始め方』まとめページはこちら