NFTアートとは

【初心者向け】NFTアートをわかりやすく解説!

よく話題になっている『NFTアート』ってなんですか?興味あるので記事もいくつか読んでみたのですが難しすぎて何をいっているのかよくわかりません。超初心者のわたしでもわかるように『NFTアート』について教えてください!

おもち
おもち
こんな疑問にお答えします!

NFTアートとは?

まずNFTは『エヌ・エフ・ティ』とよみます。

NFTは『Non Fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン)』の頭文字をとったもので、日本語にすると『非代替性トークン』になります。

『非代替性トークン』とは、ほかのものと替えることができない唯一無二のものという意味です。

つまりNFTアートとは『ほかのものと替えることができない唯一無二のアート』のことをいいます。

おもち
おもち
安心してください。説明できたとは思っていません。つづけます!

いまの説明だとざっくりすぎるので、もう少していねいに言いかえてみます。

NFTアートとは

『〇〇さんがつくった「XXX」という作品は△△さんが購入して所有していますよ』

ということが全世界に証明されているアートのことをいいます。

ここでちょっと『モナリザ』を思い浮かべてみてください。

ルーブル美術館に飾られている『モナリザ』は

『レオナルド・ダ・ヴィンチさんがつくった「モナリザ」という作品はルーブル美術館にかざられていますよ』

ということが全世界に知れわたっていますよね。

みんなが知っているからルーブル美術館にかざられているモナリザが『本物』で、山田さん家の玄関にかざられているモナリザが『コピー品』であると見分けがつくわけです。

この仕組みをデジタルアートの世界にもってきたのがNFTアートだと思ってください。

たとえば私がつくったこちらの『I created my Life』というアート作品をNFTアートにして販売したところ鈴木さんが買ってくださったとします。

NFTアート&クリプトアート『I created my Life.』おもちの美学, NFT & Crypto Art. by omochi-bigaku.

このとき

『おもちがつくった「I created my Life」という作品は鈴木さんが購入して所有しています』

という情報が全世界に証明されている状態になります。

おもち
おもち
よくわからないという方もがんばってついてきてください!つづけます。

NFTアートにはブロックチェーン技術がつかわれている

NFTアートの情報はどうやって全世界に証明されているのですか?

NFTアートにはブロックチェーンといわれる技術がつかわれています。

このブロックチェーンをつかうことで全世界に証明することができるのです。

おもち
おもち
さらにわからなくなった!という方向けにブロックチェーンについてお話します!

まずはチェーンでつながれたブロックをイメージしてください。

NFTアートにはブロックチェーン技術がつかわれている:チェーンでつながれたブロック

じつはブロックチェーンのブロックのなかには情報をいれることができます。

つまりさきほどの

『おもちがつくった「I created my Life」という作品は鈴木さんが購入して所有しています』

という情報をブロックのなかにいれられるということです。

NFTアートにはブロックチェーン技術がつかわれている:ブロックに入れられるNFTアート情報

NFTの世界では自分専用のお財布(ウォレット)があり、そのお財布に個別のアドレス(ウォレットアドレス)がついています。

おもち
おもち
所有者は人の名前で管理されるのではなく、ウォレットアドレスで管理されているよ!

なおアート作品のデジタルデータや詳細情報は容量が大きすぎてブロックのなかに入れることが難しいため、かわりにアート作品の詳細ページへいけるURLリンクが入っていたりします。

NFTアートにはブロックチェーン技術がつかわれている:ブロックに入れられないNFTアート情報

アート作品の詳細情報はブロックのなかではなくURLリンク先の作品詳細ページに書かれています。

おもち
おもち
アート作品そのものがブロックのなかに入っているわけじゃないんだね!

ブロックのなかに入っている情報は、いつでもだれでもどこからでも確認することができます。

そのアート作品をつくったのは誰で今どんな人が所有しているのかを世界中の人が知ることができるということです。

NFTアートの安全性は?セキュリティとか大丈夫?

ブロックのなかに入れたNFTアートの情報は安全なの?悪い人が盗んだり書きかえたりすることはないの?

ブロックチェーンはどこかの会社が管理している技術ではありません。

世界中にいるブロックを管理する(ノードといわれる)人たちによってきちんと見守られているため安全性は高いです。

ブロックとブロックの情報は数珠つなぎにつながっており、どれか1つのブロックを削除したり情報を書きかえることはきわめて難しいです。

おもち
おもち
できなくはないんだけどほぼ不可能と思ったほうがいいかな!

ブロックのなかにある情報をかきかえるためには、ノードといわれるブロックチェーンを管理している人たちのうち過半数以上が『書きかえていいですよ』と賛成してくれないといけないので、そうそう簡単にかきかえることはできません。

悪い人がブロックのなかにある情報をかきかえようとしても、みんなが『その情報は間違っている』と気づいて無効にしてくれるため情報がかきかえられることはありません。

おもち
おもち
国や会社の境をこえ世界中のみんなで管理しているってすごいことだね!

NFTアートの作り方

NFTアートはどうやってつくるのですか?

NFTアートはNFTを専門に扱うマーケットプレイスでつくることができます。

有名どころでいうと「OpenSea(オープンシー)」などがそうです。NFTマーケットプレイスのなかでは最大規模の取引額となっています。

ビットコイン(BTC)』や『イーサリアム(ETH)』という言葉をきいたことがあるかもしれません。

『ビットコイン(BTC)』や『イーサリアム(ETH)』とは暗号資産(仮想通貨)のことなのですが、NFTアートは『イーサリアム(ETH)』という暗号資産をつかってつくります。

おもち
おもち
NFTアートを売ったり買ったりするときも『イーサリアム(ETH)』がつかわれるよ!

NFTアートの作り方についてはこちらでくわしく解説しています。初心者向けに図解をたくさんつかって説明しているので挑戦してみたい方はぜひどうぞ!
超初心者向け【NFTアートの作り方】クリプトアートをつくってみよう!

NFTアートの世界に参入している有名人をまとめました

NFTアートはどんな人がどんなものをいくらくらいで売買しているんだろう…?

NFTアートを世界にひろめたことで有名なBeepleさんがつくったこちらの『Everydays:The First 5000 Days』という作品。

Everydays:The First 5000 Days

2021年2月25日から3月11日にわたって行われたクリスティーズ・ニューヨークのオンラインオークションにて約75億円(6934万6250ドル)で落札されました。

おもち
おもち
NFT作品のなかでは過去最高の落札額なんだよ!

このほかにも有名人が続々とNFTアートの世界に参入中。

名前 NFT化したもの 落札額
3LAU 音楽アルバム 約12億6000万円
Twitter創業者のジャック・ドーシー 初ツイート 約3億1500万円
テスラのイ―ロン・マスク 音楽 約1億円
Burnt Banksy アート 約4150万円
せきぐちあいみ アート 約1300万円

クリスチャン・ラッセンさん、Perfumeさん、与沢翼さんも参入をはじめています!

おもち
おもち
デジタルでやり取りできものであればどんなものでもNFTアートになるんだね!

NFTアートのメリット

NFTアートのメリットはつぎの3つ。

  • 価値がつきにくいデジタルデータに価値をつけることができる
  • 2次販売されると制作者にも収入がはいる
  • NFTアートは投資目的でもつかわれている

順番に解説していきます。

価値がつきにくいデジタルデータに価値をつけることができる

これまでのデジタルデータは、かんたんにコピーされ出回ってしまうので価値をつけることが難しい状況にありました。

おもち
おもち
どれが本物でどれがニセモノか見分けることができなかったんだ!

作品をNFT化することによって本物を所有しているのは〇〇さんということが全世界に証明できるため、コピペ可能なデジタルデータに価値をつけることができるようになりました。

2次販売されると制作者にも収入がはいる

NFTアートでは作品が2次販売(転売)されるとその情報が記録されるようになっています。

『おもちがつくった「I created my Life」という作品は、鈴木さんが購入したあとで佐藤さんに転売されたので今は佐藤さんが所有しています』

という情報も管理されているということです。

制作者はNFTアートを売るときに『2次販売するときは取引額の一部を制作者の私にくださいね』という設定ができるため、自分の作品が人から人に売られるたび収入を得ることができます。

おもち
おもち
これはとっても嬉しいよね!

NFTアートは投資目的でもつかわれている

NFTアートは投資の対象としても注目されています。

アーティストが有名になればなるほど作品も高値で取引できるようになるため、アーティストを応援する意味もこめて先行投資する人が少なくありません。

自分が目をつけたアーティストの作品を購入してみるのも夢がひろがるかもしれません。

おもち
おもち
自分の作品が高値で取引されるようになったら嬉しいよね!

NFTアートのデメリット

NFTアートのデメリットはつぎの3つ。

  • NFT化するまでが難しい
  • イーサリアムが高騰するとガス代が高くなる
  • NFT化したからといって売れるわけではない

順番に解説していきます。

NFT化するまでが難しい

NFT化するまでには暗号資産である『イーサリアム(ETH)』を購入したり、購入した『イーサリアム(ETH)』を自分のお財布(ウォレット)にいれたりと、なにかとやることがあります。

NFTアートの世界は敷居が高いと感じるかもしれませんが、参入障壁が高い分そこでアーティストの振り分けもされています。

スタート地点にたてるアーティストの数が限られているため、一定のクオリティがあるアーティストにとってはまだまだ勝ちやすい状況といえるかもしれません。

イーサリアムが高騰するとガス代が高くなる

デジタルアート作品をNFT化したり、売買するときには『ガス代』といわれる手数料がかかります。

おもち
おもち
マーケットプレイスによってガス代がかかるところが違ったりするよ!

ガス代は暗号資産である『イーサリアム(ETH)』で支払います。

『イーサリアム(ETH)』の価値は市場によって上がったり下がったりするため、ガス代が高額になるときがあるのです。

高額なガス代については問題視もされているため、代替案や改善策が検討されています。

NFT化したからといって売れるわけではない

NFTは魔法の杖ではありません。

アート作品をNFT化したところで、作品のクオリティがあがるわけではないのです。

NFTアートによって夢がひろがることはまちがいないものの、やはりどこまでいってもスキルアップは大切なのかなと。

おもち
おもち
自戒をこめていってみました!

これから急成長していくNFTアートに挑戦したい方はぜひこちらの記事をどうぞ。
超初心者向け【NFTアートの作り方】クリプトアートをつくってみよう!