サムネイルのつくりかた

【実例つき】YouTubeサムネイルの作り方|5つに分解してまとめました

サムネイルってどうやってつくるんだろう…。編集ソフトはなに使うの?画像サイズはどのくらい?注意点はあるの?いろいろ具体的におしえてください!

おもち
おもち
こんな疑問にこたえます!

こんにちは。サムネイルデザイナーのおもち(@omochibigaku)です。

このページではサムネイルのつくりかたについて、わかりやすく5つに分解してまとめました。

これまでいろいろなチャンネルのサムネイルを制作してきた私。経験にもとづいたノウハウを詰め込んだのでぜひご覧くださいませ。

YouTubeサムネイルの作り方|5つに分解してまとめました

  1. 画像編集ソフト
  2. 画像サイズ
  3. サムネイルの制作手順
  4. つくるときの注意点
  5. サムネイルでブランディングする方法

上記のとおり。

順番に解説します。

サムネイルの作り方|①画像編集ソフト

画像編集ソフトは数多くありますが、やはりAdobeが最強かなと。

デザインの自由度、しあがりのクオリティ、一生つかえるスキル習得などを考えたらコスパいいです!

私も『フォトショップ』と『イラストレーター』をつかってサムネイルをつくっています。

もう少しお手軽にはじめたいという方は『canva』ですね。編集ソフトについてくわしく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

サムネイルの作り方|②画像サイズ

サムネイルの画像サイズは「1280×720px(ピクセル)」です。

縦横比の比率でいうと「16:9」になります。

YouTubeヘルプ

解像度や容量など、さらにくわしく知りたい方はこちらをご覧ください。

サムネイルの作り方|③サムネイルの制作手順

サムネイルをつくる手順は

  1. 伝えたいメッセージを決める
  2. 人物を切り抜いて配置する
  3. 文字組を考える
  4. 背景を配置する
  5. 配色する
  6. 光のエフェクトをたす

こんな感じ。

順番に解説します。

伝えたいメッセージを決める

まずは動画をみて内容を把握し、伝えたいメッセージを決めます。

伝えたいメッセージが複数ある場合は、文言に優先順位をつけましょう。

おもち
おもち
優先順位にしたがって文字の大きさや配色をかえていくよ!

人物を切り抜いて配置する

人物をきれいに切り抜いて配置します。

文字組を考える

メッセージの優先順位にしたがって大きさをかえながら文字組を考えていきます。

背景を配置する

伝えたいメッセージにあった背景をえらび配置します。

配色する

目立たせたい文字は強調するような色合いで、目立たせなくていい文字は控えめな色合いで配色していきます。

光のエフェクトをたす

さいごに光をたして完成です(光はなくても大丈夫です)。

より具体的に知りたい方は『【公開】サムネイル制作ノウハウ完全講義』をどうぞ。

サムネイルの作り方|④つくるときの注意点

  • 文字は大きくしよう
  • 重要な情報は右下にいれない

上記のとおり。

順番に解説します。

文字は大きくしよう

サムネイルをつくるとき文字はできるだけ大きくします。

たとえばこちらのサムネイル。

文字の大きさが画像の3分の1もしくは2分の1くらいの大きさになっていることがわかります。

おもち
おもち
文字が小さいと他のサムネイルにうもれて、みてもらえないよ!

ためしにスマホでYouTubeの関連動画をスクロールしてみてください。

パッと目につくサムネイルは、かなり大きな文字がつかわれているはずです。

サムネイルはYouTubeにアップする前に、スマホできちんと文字がみえるかどうかチェックするようにしましょう!

おもち
おもち
私はTwitterのアカウントを2つ用意してDMでサムネイルを送りあってチェックしているよ!

重要な情報は右下に入れない

サムネイルをつくるとき、キーワードなど重要な情報は右下をさけていれるようにしましょう。

動画を公開するとサムネイルの右下には再生時間が表示されます。

再生時間と重なっている文字はみることができません。

『視聴者に気づいてもらえない=クリック率の損失』につながるので注意が必要です!

私はいつも自作したシートを使って表示が重なっていないかどうか必ずチェックするようにしています。

チェックシートはこちらで無料配布中。

サムネイルの作り方|⑤サムネイルでブランディングする方法

サムネイルをつくるときは1枚1枚の見栄えも大切ですが、チャンネル全体の見栄えも意識するようにしましょう。

サムネイルに統一感があるとチャンネルに世界観がうまれブラウンディングにつながります。

サムネイルに統一感をもたせるためには、

  • 使うフォントを決める
  • 使うカラーを決める
  • 写真の色味をそろえる
  • 特定のオブジェクトを置く

などマイルールを設けておくといいです。

たとえばこちら。

人気YouTuber両学長さんのサムネイルです。

全体的にフォント・配色・イラストなどがそろっており、チャンネルに世界観がうまれています。

このような世界観をもったサムネイルなら、関連動画に1枚だけパッとでてきてもすぐに『あっ、両学長さんの動画だ!』と気づいてもらえますよね。

おもち
おもち
サムネイルはブランディングにつながるんだね!

 

以上、『サムネイルの作り方』の解説でした。

サムネイルデザインのまとめページはこちらにあります。

『おしゃれ』『かっこいい』『かわいい』サムネイルをご紹介しているので参考にどうぞ。