NFTの作り方

NFTアートの作り方・始め方【OpenSea】超初心者向けにわかりやすく解説!

NFTアートってどうやってつくるんだろう…。仮想通貨?暗号資産?よくわからないし、なんか怖そうだし、めちゃくちゃ難しそう。初心者でもわかるように誰かゼロから丁寧に教えてくれないかなぁ…。

おもち
おもち
こんな疑問におこたえします!

このページでは、NFTアートの作り方とOpenSea(オープンシー)で販売する方法についてわかりやすく解説していきます。

知識ゼロの初心者の方向けに難しい単語はつかわず、できるだけわかりやすく解説していきますので安心してついてきてください。

『仮想通貨』と『暗号資産』は名前が違うものの意味は同じです。以前は『仮想通貨』といっていたものを『暗号資産』とよびましょうと法律で決まりました。なのでこのページでは『仮想通貨』のことを『暗号資産』といっています。

NFTアート(クリプトアート)の作り方:6つの手順概要

まずは概要を理解しましょう。

  1. 暗号資産取引所で口座をつくる
  2. 暗号資産をいれるためのお財布を手にいれる
  3. NFTアート専門店に登録する
  4. コインを購入する
  5. コインをお財布にいれる
  6. 手数料を払いNFTを発行してもらう

こんな感じ。

ちなみに専門用語でいいかえると

  1. GMOコインで口座を開設する
  2. MetaMaskでウォレットを作成する
  3. OpenSeaでアカウントを作成する
  4. ETHを購入する
  5. GMOコインからMetaMaskに送金する
  6. ガス代を払いNFTをMintする

になります。

『英語いっぱいでむずかしい…』とすでに思考停止しそうなあなたでも大丈夫!できるだけわかりやすく丁寧に解説していきます。

おもち
おもち
わたしもはじめは英語に拒否反応でてたよ!

専門用語はつかっていくうちに自然と覚えるのでいまは無理に覚えなくてOKです。

『手数料(ガス代)はどのくらいかかるんだろう…?』と心配な方のために目安をお伝えすると、初期費用として15,000円前後を想定しておけばよいかと。

このページでご紹介するNFTアート専門店(OpenSea:オープンシー)の場合、ガス代がかかるのは最初の1回だけ。

あとは『無料』でNFTを発行してくれるので2~3万円程のお金があればはじめられると思います。

NFTアートを購入するときは都度、ガス代がかかります!

またガス代が安い『ポリゴン』(←あとで解説します)をつかう方法もご紹介しますので一緒にやっていきましょう。

ガス代についてはこちらのページでくわしく解説していますので、お時間あるときにどうぞ。

それでは順番に解説していきます。

STEP1.暗号資産(仮想通貨)の取引所で口座をつくろう【GMOコインで口座を開設する】

NFTアート(クリプトアート)をつくるためには暗号資産(仮想通貨)が必要です。

具体的には『イーサリアム(ETH:イーサ)』を手に入れる必要があります。

おもち
おもち
イロイロある暗号資産のなかの『イーサ』を購入すればいいってことだね!

イーサ(ETH)は暗号資産取引所で購入することができます。

私がおすすめする暗号資産取引所

  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)

この2つ。

イーサ(ETH)を購入するときは『GMOコイン』と『bitbank(ビットバンク)』がおすすめです!

それぞれ使い道がちがっていて、ふだん使いは送金手数料が無料である『GMOコイン』、安い時期に暗号資産を買ってガチホしたい(ずっともっておきたい)ときは『bitbank』という感じです。

GMOコインでは1~2万円程度の暗号資産を送金する場合に『全額送金(もっているすべての暗号資産を送ること)』でないと送ることができないため、暗号資産を買って取引所に置いておくことがむずかしいです。

一方、bitbankは送金するたびに手数料がかかるものの、取引レートがよい場合も多く、ある程度まとまった暗号資産を買って置いておくのに向いています。

おもち
おもち
それぞれメリットとデメリットがあるんだね!

なのではじめての方はまず『GMOコイン』で口座を開設する、余裕がある方は『GMOコイン』と『bitbank』の両方で口座を開設する、これがベストです!

ちなみに、暗号資産取引所によってはイーサ(ETH)が『販売所』というところでしか買えず、手数料が上乗せされて割高になっているところもあります。

おもち
おもち
せっかく買うなら、なるべくお得に買いたいよね!

なのでまずは『GMOコイン』で口座をつくりましょう。口座開設には3~5日ほどかかるので早めに申し込んでくださいね。
GMOコイン

余裕がある方はあわせて『bitbank』でも口座を開設してしまいましょう。こちらも時間がかかるので早めに申し込んでおくと便利です。
bitbank

おもち
おもち
口座開設の審査がけっこう時間かかるんだよね!

GMOコインで口座を開設する方法はこちらのページをどうぞ。

GMO(ジーエムオー)コインで口座を開設する方法【初心者向け】画像たっぷりで解説! こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではGMO(ジーエムオー)コインで口座を開設する方法につ...

ビットバンクで口座を開設する方法はこちらのページをどうぞ。

bitbank(ビットバンク)で口座を開設する方法【初心者OK】画像たっぷりで解説! こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではbitbank(ビットバンク)で口座を開設する方法...

 

STEP2.暗号資産(仮想通貨)をいれるためのお財布を手に入れよう【MetaMaskでウォレットを作成する】

口座開設の審査を待っているあいだに暗号資産をいれるためのお財布を手に入れておきましょう。

おもち
おもち
このお財布はNFTアート専門店で必要になるよ!

お財布を手に入れるためにはMetaMask(メタマスク)をパソコンにインストールする必要があります。

Metamaskはたまに偽物があるので、必ず正しいURLからインストールしてください(下記のURLは安全です)。

https://metamask.io

おもち
おもち
ニセモノをインストールするとお金が盗まれちゃうよ!

くわしいやり方はこちらのページで解説しています。

MetaMask(メタマスク)をChromeにインストールしてウォレットを作成する方法 こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではMetaMask(メタマスク)をChromeにインスト...

 

動画解説はこちらから。

 

 

STEP3.NFTアート専門店に登録しよう【OpenSeaでアカウントを作成する】

口座開設の審査を待っているあいだに、NFTアート専門店(マーケットプレイス)に登録するところまですませておきましょう。

おもち
おもち
登録は無料でできます!

こんかいはNFTアート専門店の『OpenSea(オープンシー)』というサイトに登録していきます。

OpenSeaではアカウントをつかいはじめる最初にお金(ガス代)がかかるだけで、そのあとは『無料』でNFTを発行してくれます。

おもち
おもち
作品をどんどん追加していきたい人におすすめ!

マーケットプレイスによっては作品を追加するたびにお金がかかるところもあります!

なおOpenSeaを利用する方法として

  • イーサリアム版:市場規模が大きいけどガス代が高い
  • ポリゴン版:市場規模が小さいけどガス代が安い

の2つがあります。

イーサリアム版は『イーサリアムブロックチェーン』をつかってOpenSeaを利用する方法。

ポリゴン版は『ポリゴンブロックチェーン』をつかってOpenSeaを利用する方法になります。

おもち
おもち
自分の作品をどちらで販売するのかは慎重にきめよう!

ポリゴン版は購入するときに支払うガス代が安いので、多くの人に買ってもらいやすいというメリットがあります。

ただしNFTにまつわる各種サービスがイーサリアム版のNFTにしか対応していないことが多々あるため、NFT投資家はイーサリアム版のNFTを購入する傾向にあります。

おもち
おもち
自分のNFTがどんな人に買ってもらいたいのか(ターゲット層)を考えてみるとイイのかも!

ポリゴン版のOpenSeaをつかいたい方は、さきにこちらのページを済ませてからOpenSeaでアカウントをつくっていきましょう。

OpenSeaでアカウントをつくる方法についてはこちらのページをご覧ください。

超初心者向け【OpenSeaの始め方】アカウントの登録から設定まで|NFTアートをつくろう こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではNFTアート(クリプトアート)をつくりたい方向けにOp...

 

動画解説はこちらから。

 

 

STEP4.コインを購入しよう【ETHを購入する】

口座開設の審査が完了したら日本円を入金して、さっそくコインを買いにいきましょう。

コインの種類は『イーサ(ETH)』を買ってください。

おもち
おもち
NFTを発行してもらうときにイーサが必要なんだ!

GMOコインでイーサ(ETH)を購入する方法についてはこちらのページでくわしく解説しています。

【GMOコイン】暗号資産の買い方を初心者向けに5STEPで解説! こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではGMO(ジーエムオー)コインで暗号資産を購入する方...

 

動画解説はこちらから。

 

 

参考までにbitbankでイーサ(ETH)を購入する方法についてはこちらのページをどうぞ。

【bitbank(ビットバンク)】暗号資産の買い方を初心者向けに4STEPで解説! こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではbitbank(ビットバンク)で暗号資産を購入す...

暗号資産は価格の変動があるため、短期間で資産が減る場合があります。初心者は小額からはじめましょう!

STEP5.コインをお財布にいれよう【GMOコインからMetaMaskに送金する】

コインが買えたら、こんどは買ったコインをお財布にいれていきましょう。

あなたが買ったイーサ(ETH)はいま暗号資産取引所にあります。このイーサをSTEP2で手に入れたお財布のなか、つまりMetaMask(メタマスク)に送金していきます。

やり方はとってもかんたん!暗号資産取引所で送りたい相手先(自分のお財布)と送りたい金額を指定して送金すればいいだけ!

おもち
おもち
A銀行からB銀行へお金を振り込むイメージだよ!

GMOコインからメタマスクに送金する方法は、こちらのページでくわしく解説しています。

GMO(ジーエムオー)コインから暗号資産を送金する方法【初心者向け】 こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 このページではGMO(ジーエムオー)コインから暗号資産を送金する方法...

 

動画解説はこちらから。

 

 

STEP6.手数料を払いNFTを発行してもらおう【ガス代を払いNFTをMintしよう】

コインをお財布のなかにいれることができたら、さっそくNFTを発行してもらいにいきましょう。

おもち
おもち
新しくNFTをつくることを『Mint(ミント)』というよ!

STEP3でNFTアート専門店である『OpenSea』にあなたのアカウントをつくりました。まずはそのアカウントのなかにあなたのお店をつくっていきましょう。

そしてそのお店にあなたの作品を1つずつ登録していきます。

OpenSeaでNFTを発行してもらう方法はこちらのページでくわしく解説しています。

超初心者向け【OpenSea】でNFTアートを販売する方法|クリプトアートをつくろう こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではOpenSeaでNFTアートを販売する方法についてわか...

 

以上、NFTアートの作り方/始め方についてでした。

おもち
おもち
しあわせなNFTライフを♪

OpenSeaでNFTアートを購入する方法についてはこちらでくわしく解説しています。

NFT買い方
【OpenSea】NFTアートの買い方|初心者向けにわかりやすく解説! こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 このページではOpenSeaでNFTアートを購入する方法についてわかりや...