NFTアートのつくりかた

超初心者向け【NFTアートの作り方】クリプトアートをつくってみよう!

NFTアートってどうやってつくるんだろう…。仮想通貨?暗号資産?よくわからないし、なんか怖そうだし、めちゃくちゃ難しそう。初心者でもわかるように誰かゼロから丁寧に教えてくれないかなぁ…。

おもち
おもち
こんな疑問におこたえします!

このページでは、NFTアート(クリプトアート)のつくり方を6つに分解してまとめました。

初心者にもわかりやすいようシンプルに解説しています。難しい話はしませんので安心してついてきてください。

『仮想通貨』と『暗号資産』は名前が違うものの意味は同じです。以前は『仮想通貨』といっていたものを『暗号資産』とよびましょうと法律で決まりました。なのでこのページでは『仮想通貨』のことを『暗号資産』といっています。

NFTアート(クリプトアート)の作り方:6つの手順概要

まずは概要を理解しましょう。

  1. 暗号資産の取引所で口座をつくる
  2. 暗号資産をいれるためのお財布を手にいれる
  3. NFTアート専門店に登録する
  4. コインを購入する
  5. コインをお財布にいれる
  6. 手数料を払いNFTを発行してもらう

こんな感じ。

ちなみに専門用語でいいかえると

  1. bitbankで口座を開設する
  2. MetaMaskでウォレットを作成する
  3. OpenSeaでアカウントを作成する
  4. ETHを購入する
  5. bitbankからMetaMaskに送金する
  6. ガス代を払いNFTを発行してもらう

になります。

『英語いっぱいでむずかしい…』とすでに思考停止しそうなあなたでも大丈夫!できるだけわかりやすく丁寧に解説していきます。

おもち
おもち
わたしもはじめは英語に拒否反応でてたよ!

専門用語はつかっていくうちに自然と覚えるのでいまは無理に覚えなくてOKです。

なお『手数料(ガス代)って一体どのくらいかかるの?』と心配な方のために目安をお伝えすると3,000円~15,000円ほどを想定しておけばよいかと。

ガス代の詳細はこちらのページで確認できます。

さいきんだと『50』以下が安い時期、『300~400』までいくとかなり高い時期なので避けた方がイイです。

このページでご紹介するNFTアート専門店(OpenSea:オープンシー)の場合、ガス代がかかるのは最初の1回だけ。

あとは『無料』でNFTを発行してくれるので2万円程のお金があればはじめられると思います。

NFTアートを購入するときは都度、ガス代がかかるので要注意です!

またガス代が安い『ポリゴン』(←あとで解説します)をつかう方法もご紹介しますので一緒にやっていきましょう。

それでは順番に解説していきます。

STEP1.暗号資産(仮想通貨)の取引所で口座をつくろう【bitbankで口座を開設する】

NFTアート(クリプトアート)をつくるためには暗号資産(仮想通貨)が必要です。

具体的には『イーサリアム(ETH:イーサ)』を手に入れる必要があります。

おもち
おもち
イロイロある暗号資産のなかの『イーサ』を購入すればいいってことだね!

イーサ(ETH)は暗号資産取引所で購入することができます。

私がおすすめする暗号資産取引所

  • bitbank(ビットバンク)
  • Coincheck(コインチェック)

この2つ。

イーサ(ETH)を購入するときは『bitbank(ビットバンク)』がおすすめです!

Coincheck(コインチェック)だとイーサ(ETH)が販売所でしか買えないため手数料がうわのせされ少し割高になります。

おもち
おもち
なるべくお得に買いたいもんね!

なのでまずはビットバンクで口座をつくりましょう。口座開設には3~5日ほどかかるので早めに申し込んでくださいね。
仮想通貨ならビットバンク

おもち
おもち
口座がないとイーサ(ETH)が買えないよ!

ビットバンクで口座を開設する方法はこちらのページでくわしく解説しています。

bitbank(ビットバンク)で口座を開設する方法【初心者OK】画像たっぷりで解説! こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではbitbank(ビットバンク)で口座を開設する方法...

 

参考までに…

ビットコイン(BTC)の購入を検討されている方は『Coincheck(コインチェック)』でも口座をつくることをおすすめします!

こちらは同じ日の同じ時間にビットバンクとコインチェックの価格を比較したものです。

じつは日時によって暗号資産の価格にわりと大きめな差がでることがあります。

口座開設は『無料』でできるので余力のある方はコインチェックでも口座を開設することをおすすめします!
コインチェック

コインチェックで口座を開設する方法はこちらのページでくわしく解説しています。

Coincheck(コインチェック)で口座を開設する方法【初心者向け】画像つきで丁寧に解説! こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 このページではCoincheck(コインチェック)で口座を開設する方法に...

なおネットバンクの口座をもっていない方は、ビットバンクの審査を待っているあいだにサクッと開設しておきましょう!

おもち
おもち
ネットバンクは暗号資産取引所へ日本円を入金するときにつかうよ!

ネットバンクにまとまったお金をいれておいて必要な分だけ暗号資産取引所に振り込むようにすると毎回の手数料がかからないのでお得です。

ただ『口座をいくつも開設するのはあまり気がすすまない…』という方はご自身の銀行口座からでも入金できるのでそれでも大丈夫です!

暗号資産取引所に対応しているネットバンクは

です。

暗号資産取引所に入金するとき『GMOあおぞらネット銀行』だと振込依頼人名が『名前』だけで大丈夫なのですが、『住信SBIネット銀行』だと『番号+名前』になるので少しだけ手間がかかります。

こだわりがなければ『GMOあおぞらネット銀行』の方がよいかと。

『GMOあおぞらネット銀行』で口座を開設する方法についてはこちらにまとめました。

GMOあおぞらネット銀行で口座を開設する方法|画像たっぷりで解説!【初心者向け】 こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 このページでは『GMOあおぞらネット銀行』で口座を開設する方法についてわ...

ネットバンクも審査が完了するまで1日ほどかかるので早めに開設しておいてくださいね。

STEP2.暗号資産(仮想通貨)をいれるためのお財布を手に入れよう【MetaMaskでウォレットを作成する】

口座開設の審査を待っているあいだに暗号資産をいれるためのお財布を手に入れておきましょう。

おもち
おもち
このお財布はNFTアート専門店で必要になるよ!

お財布を手に入れるためにはMetaMask(メタマスク)をパソコンにインストールする必要があります。

Metamaskはたまに偽物があるので、必ず正しいURLからインストールしてください(下記のURLは安全です)。

https://metamask.io

おもち
おもち
ニセモノをインストールするとお金が盗まれちゃうよ!

くわしいやり方はこちらのページで解説しています。

MetaMask(メタマスク)をChromeにインストールしてウォレットを作成する方法 こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではMetaMask(メタマスク)をChromeにインスト...

STEP3.NFTアート専門店に登録しよう【OpenSeaでアカウントを作成する】

お財布を手にいれたらbitbankの審査を待っているあいだに、NFTアート専門店(マーケットプレイス)に登録するところまですませておきましょう。

こんかいはNFTアート専門店の『OpenSea(オープンシー)』というサイトに登録していきます。

OpenSeaではアカウントをつかいはじめる最初にお金(ガス代)がかかるだけで、そのあとは『無料』でNFTを発行してくれます。

おもち
おもち
作品をどんどん追加していきたい人におすすめ!

マーケットプレイスによっては作品を追加するたびにお金がかかるところもあります!

なおOpenSeaを利用する方法として

  • イーサリアム版:メインでガス代が高い
  • ポリゴン版:サブでガス代が安い

の2つがあります。

イーサリアム版は『イーサリアムブロックチェーン』という道をつかってOpenSeaを利用する方法。

ポリゴン版は『ポリゴン(マティックメインネット)』という道をつかってOpenSeaを利用する方法になります。

『イーサリアムブロックチェーン』をつかっている人はポリゴン版の商品を売買することができず、『ポリゴン(マティックメインネット)』をつかっている人はイーサリアム版の商品を売買することができません。

おもち
おもち
自分の作品をどちらで販売するのかは慎重にきめよう!

『ポリゴン版』はガス代が安いものの、ポリゴンがつかえるようになるまでにガス代を1~2回払うことになるので初期費用はかかります!

ポリゴン版には小額のガス代で作品を手にいれたい購入者があつまっていますので、初心者はポリゴン版で販売実績をつくってからイーサリアム版に挑戦してもいいかもしれません。

理想はイーサリアム版での販売なので、もちろんはじめからイーサリアム版に挑戦するのもOKです!

ポリゴン版のOpenSeaをつかいたい方は、さきにこちらのページを済ませてからOpenSeaでアカウントをつくっていきましょう。

OpenSeaでアカウントをつくる方法についてはこちらのページをご覧ください。

超初心者向け【OpenSeaの始め方】アカウントの登録から設定まで|NFTアートをつくろう こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではNFTアート(クリプトアート)をつくりたい方向けにOp...

STEP4.コインを購入しよう【ETHを購入する】

口座開設の審査が完了したら日本円を入金して、さっそくコインを買いにいきましょう。

いろいろなコインがありますがここでは『イーサ(ETH)』を買ってください。

おもち
おもち
NFTを発行してもらうときにイーサが必要なんだ!

イーサ(ETH)の買い方についてはこちらのページでくわしく解説しています。

bitbank(ビットバンク)で暗号資産を購入する方法|初心者向けに4STEPで解説! こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではbitbank(ビットバンク)で暗号資産を買う方...

暗号資産は価格の変動があるため、短期間で資産が減る場合があります。初心者は小額からはじめましょう!

STEP5.コインをお財布にいれよう【bitbankからMetaMaskに送金する】

コインが買えたら、こんどは買ったコインをお財布にいれていきましょう。

あなたが買ったイーサ(ETH)はいまビットバンクにありますよね。このイーサをSTEP2で手に入れたお財布のなか、つまりMetaMask(メタマスク)に送金していきます。

やり方はとってもかんたん!ビットバンクで送りたい相手先(自分のお財布)と送りたい金額を指定して送金すればいいだけです。

おもち
おもち
A銀行からB銀行へお金を振り込むイメージだね!

くわしいやり方はこちらのページで解説しています。

bitbank(ビットバンク)からMetaMask(メタマスク)に送金する方法|初心者にもわかりやすく解説 こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではbitbank(ビットバンク)からMetaMas...

STEP6.手数料を払いNFTを発行してもらおう【ガス代を払いNFTを発行してもらう】

コインをお財布のなかにいれることができたら、さっそくNFTを発行してもらいにいきましょう。

STEP3でNFTアート専門店である『OpenSea』にあなたのアカウントをつくりましたね。まずはそのアカウントのなかにあなたのお店をつくりましょう。

そしてそのお店にあなたの作品を1つずつ登録していきます。

OpenSeaでNFTを発行してもらう方法はこちらのページでくわしく解説しています。

超初心者向け【OpenSea】でNFTアートを販売する方法|クリプトアートをつくろう こんにちは。おもち(@omochibigaku)です。 こちらのページではOpenSeaでNFTアートを販売する方法についてわか...

以上、NFTアートのつくり方でした。

おもち
おもち
しあわせなアーティストライフを♪